エベレスト10日目 無心で下山 | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
2018/03/10〜2018/03/21 エベレスト登山

エベレスト10日目 無心で下山

薄暗い廊下の、突き当たりのダイニングの扉から

優しい日差しと、カチャカチャと食器の鳴る朝食の音、ざわざわと会話を楽しむ眠気の混じった声が漏れてくる。

 

 

誰もいない、明かりのない廊下を渡り、眠たい目をこすりながら、その明るさの方へと歩いていく。

ダイニングの扉を開けると、すでに多くの登山者たちが、朝食を楽しんでいた。

 

広いダイニングをぐるりと見まわし、空いている席へと腰掛ける。

 

すると、昨日夜遅くまで語り合った、日本在住のアイルランド人のおじいさんが、私の方へと向かってきて、

「日本に帰ったらぜひまた会いましょう」

と言いながら、白いメモの切れ端に、自分のメールアドレスを書いた紙を私に渡してくれた。

 

 

彼はこれから、カラパタールへと向かう。

私は下山組だ。

 

もうこの山で会うことはないだろう。

「頑張ってください!日本で一緒に登山しましょう!」

と手を振りお別れした。

 

 

この日の朝食に注文したのは、マッシュドポテト。

 

最初、これが出てきたとき、私は別の人の注文と間違えたのかと思った。

マッシュドポテトというよりは、なんだか、、

なんだか、

例えが何も思い浮かばない。

 

恐る恐る、とりあえず、口に運んでみる。

と、

口に一杯に広がるミルクとバターの風味に、塩胡椒のアクセント。

ものすごく美味しい食べ物のように思えた。

今でもこの味をもう一度食べたいと思うほどだ。

 

まあ、今食べたところで、さほど美味しく感じるわけではないのはわかっているのだが。

 

とってもシンプルな味だが、山の食事はそれほど美味しく感じるのだからすごい。

 

 

ごちそうさまの後は、凍っていて水の全くでない水道で歯を磨くのは諦め、水筒の水で歯を磨いた。

 

 

さあ、今日は標高4900mのルクラから、3400mのナムチェまで、一気に降るため、早めに出発だ。

 

  

 

行きも通った同じ道であるはずなのに、全く違った景色に見える道を、どんどん下っていく。

 

 

せっかく登ってきた山を、もう降ってしまうことに少し、寂しい気がしながらも、どんどん元来た道を辿っていった。

本当なら、もう少し、この山に滞在したいくらいだ。

歩きながらではなく、じっと座ってこの景色を眺めるためだけにここに滞在していたい。

が、ガイドがいる手前、そうも行かない。

 

 

  

   

   

 

  

途中ですれ違った男性は、体の何倍もの大きさの荷物を一人で運んでいた。

これだけの荷物を持って滅多に人にすれ違わない中、一人ぼっちで歩いていたら、きっと途中で寂しくなったり、誰かに助けを求めたくなってしまうだろうに。

 

 

私たちは、この日ほぼ一言も喋らずに黙々と元来た道を降った。

朝早く起きた割に昼食が遅かったため、異常な空腹に耐え切れなくなった頃、私はガイドのサンディップに空腹を訴えた。

すると、ポッケから出してきたのがインスタントラーメンだ。

私がそろそろお腹がすく頃だというのを見越して、さっき通り過ぎたロッジでこっそり買っていたのだという。

こっちの人は、袋から粉末スープを取り出し中身を細かく砕いた後、粉末を麺にふりかけ、シャカシャカ振って食べる。

 

お湯さえないが、最高に美味しいインスタント麺だった。

空腹と、山の空気は最高のスパイスだ。

 

    

私は、歩きながら、あることに気づいた。

すれ違う人たちに、

「ナマステ〜」

と毎日のごとく挨拶をしているのだが、今日は誰も私に挨拶を返してくれないのだ。

それどころか、まず目を合わそうとしてくれない。

 

なんだか無視されているようでとても悲しい気持ちになり、

たいところだが、理由がわからないので、なぜだろうという興味の方が優っていた。

 

       

 そうして私たちは、4日もかけて登ってきた道のりを、早歩きでわずか6時間で降ってきてしまった。

この間、私はほぼ無心だった。

 

やっと標高3900mのタンボチェへたどり着いたとき、

「やっと人間界に戻ってこれた」

そんな気分になった。

今朝までいたルクラに比べ、空気が濃いのを実感できたし、気温もぐんと上がっていたからだ。

昼過ぎとはいえ、これがカラパタールやエベレストBC、ルクラであれば、持っていた全ての服を着ていても、寒いほどだ。

だがここは違う。私は長袖一枚の上に半袖を1枚着ているだけだというのに、汗をかいていた。

ロッジについて、荷物を降ろし、まずしたことと言えば、服を脱ぐことだった。

 

ダイニングの席に着き、サンディップが私の顔を写メって見せてくれた時、私はびっくりして、大笑いしてしまった。

自分の顔が真っ白だったからだ。

そういえば、ヒマラヤの強い紫外線のせいで、自分の顔が真っ黒に日焼けしていることに気がつき、手遅れとわかっていながらも、日焼け止めを自分の顔に塗りたくったのだ。

 

これで、誰も私と目を合わそうとしてくれない謎が解けた。

 

それにしても、なぜサンディップは今になってその事実を伝えてきたのだろう。

 

ウェットティッシュで顔を拭き、元の真っ黒に日焼けした顔に戻ると、私は注文したマカロニとマサラティーを恥ずかしさと共に頬張った。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

前の記事:エベレスト9日目⑤ 旅とは。標高4900ロブチェのロッジにて

次の記事:エベレスト10日目② ナムチェへ


この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、シンガーソングライターや、旅ライターとして活動中。12月からは、ギター1本で世界を旅します!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。