エベレスト9日目① 神々の頂、そして体調不良 – 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
2018/03/10〜2018/03/21 エベレスト登山

エベレスト9日目① 神々の頂、そして体調不良

  朝、目が覚めると、私はピンク色の世界の中にいた。

なぜか視界の全てがピンクなのだ。

 

一瞬、自分の目がおかしくなったのかと思った。

もしくはまだ夢を見ているのかと。

 

 

だが、周りを見回し、そうではないと気づく。

私は真っピンクの壁と天井に囲まれた、真っピンクの部屋の、真っピンクなベッドシーツの中にいた。

おまけにカーテンまでピンクなのだから、差し込む朝の光までピンク色。

 

これなら目がおかしくなったと思っても仕方がない。

いや、本当に目がおかしくなりそうだった。

 

 

まだ完全に頭が冴えきっていないあたしの脳みそは、次に

「ああ、そうか、きっとあたしはオカマになったに違いない。だから真っピンクの部屋で寝ているんだ」

と、訳のわからない思考を開始し始める。

 

が、

「いや、待てよ、あたしもともと女じゃん」

と気が付いたところで、ようやく本当に夢から抜け出した。

 

目だけでなく、頭まで狂わそうとしてくるのだから、このピンクの部屋は恐ろしい。

 

 

いや、本当に恐ろしいのは、人間の脳みそかもしれない。

寝ぼけていると言うだけで、こんなおかしな妄想をするのだから、自分の見たものでさえも、時々疑いたくなる。

 

まさに、今私がここエベレストにいるという現実でさえもだ。

 

 

そう、そうだ。

私は今、エベレストにいる。

そして今日はカラパタール5550m、このトレッキングでの最高到達地点へと向かう日だ。

 

 

早く起きなくちゃ!

 

 

急いで体を起こし、ガイドのサンディップを起こしに行くと、彼はまだベッドの中でうずくまって寝ていた。

どうやら昨日から続く高山病の症状で、頭痛がひどいようだ。

 

 

「ごめん、今日は君をガイドすることはできない」

 

ここまで頭痛に耐えながら歩いてきてくれた彼が言うのだから、本当に辛いのだろう。

 

一緒にすぐに下山すべきか迷ったが、

「せっかくだから一人で登って来て欲しい」

と言う言葉を聞いて、私もそれに同意した。

 

 

そう、今日は一人で山を登ることになったのだ。

それはそれで少しだけ、わくわくした。

「わくわく」と言うとなんだか不謹慎だが、初めてのお使いのような気分だ。

 

 

 

その前に、まず、朝ごはんを食べなくちゃ!

 

ダイニングに向かい、パンケーキを注文し、食事が出てくるのを待っている間、私はあることを思いついた。

 

 

そうだ、イイジマさん。

イイジマさんと一緒に登れないだろうか。

 

そう思いつくと、私は急いでロッジを飛び出した。

 

一面に広がる雪の中を、靴をズボズボ埋まらせ、そして滑らないように気をつけながら歩く。

 

確か、彼は、映画「神々の頂」でロケ地として使われていたロッジに泊まっていると、昨日言っていた。

インターネットは繋がらないため、直接ロッジに向かうという原始的な方法で、彼を探しに行く。

 

「まだロッジにいるといいけど」

 

そうして彼のロッジにたどり着くと、幸いにも彼はまだそこにいてくれた。

 

「イイジマさん!今からカラパタール一緒に行きません?」

挨拶もそこそこに、イイジマさんに訪ねた。

 

が、

 

「もう行って来ちゃいましたよ。今帰って来たとこです笑」

「なんだー」

そう言ってがっかりな顔をすると、代わりにと言ってはなんだが、日本から持って来た、ジンジャーティのティーバックをくれた。

 

日本に帰ったら、必ずまた会いましょうと約束して、お別れをした。

 

さて、せっかくだから、神々の頂の出演者のサインを載せておこう。

それは、ダイニングルームの入り口の脇に、堂々と、だけれどもひっそりと飾られていた。

”堂々とひっそり”と言うのは、堂々と飾られてはいるが、日本語を読める人がそもそも珍しいため、誰もこれが有名人のサインだとは気づいていないだろうから。

見る限り、誰も注意を向けていない。

 

気づいたとしても、日本の俳優を知る人は少ないだろう。

   

サインボードは、岡田准一、松潤、阿部寛など、名だたる日本の俳優たちのサインで、ぎっしりと埋め尽くされていた。

 

彼らもこの場所に来たのだと思うと、わくわくした。

 

 

 

イイジマさんのロッジから、また雪の積もる道を歩き、自分のロッジに戻ると、

「おーい、どこに行ってたんだい。とっくにパンケーキできてるよ。冷めちゃったからもう一回温めてあげるね」

と、シェルパ族の優しいおじさんスタッフが、もう一度ケーキを日にかけてくれた。

 

朝食を終えると、私はここで急に体調を崩し、一時間以上もトイレにこもってしまった。

 

と言っても、心配はいらない。

というのも、頭痛でも腹痛でも、吐き気でも、高山病でもなく、

膀胱炎になってしまったのだ。

 

 

激しい尿意を感じ、一度用を足した後、その数秒後、またすぐにトイレに行きたくなってしまうのだ。

もちろん、用を足したばかりで何も出てきやしないのだが、激しい尿意だけ感じ、またトイレに引き戻されるという、非常に辛い状況だ。

起きたくないのにやっと起き上がろうとしたその次の瞬間、また倒される起き上がりこぼしの気分が分かる気がする。

いっそのこと、ずっと腹痛を感じ続ける下痢の方が、よっぽど楽だと思う。

(汚い話すみません。女子なのに)

 

 

普段から、膀胱炎にはなりやすい体質なのだが、まさかこのタイミングで発症するとは。

きっと、あまりの寒さのせいで、長い廊下を渡り、トイレに行くのが億劫で、ずっと我慢していたせいだろう。

相当簡易な作りのトイレは、建物の中にありながらも、ほぼ外のようなもので、床は一日中分厚い氷が張っていて、何度も何度も滑りそうになった。

 

寒い、いや、もはやただ「寒い」という言葉では有り余るほどの寒さのトイレの中に、ずっと閉じこもっていなくていなくてはいけない辛さも合間って、本当にこの一時間は地獄だった。

 

 

さて、そろそろ膀胱炎も下火になってきた頃、私はいよいよ、カラパタールへ向かう決意をした。

必要な荷物をカバンに詰め、いよいよ出発だ。

 

 

ロッジの扉を開けると、

「カランカラン」

とベルが鳴る。

 

その瞬間、凍える寒さの風が、ぶわっと吹き込み髪をさらい、眩しい日差しに顔が歪む。

 

さあ、私は、ようやく、最高の青空の下、肩で風を切って歩き始めた。

 

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

前の記事:エベレスト8日目②エベレストベースキャンプへ

次の記事:エベレスト9日目②カラパタール5550mへ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、シンガーソングライターや、旅ライターとして活動中。12月からは、ギター1本で世界を旅します!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。