海外で現地の生活を体験したい人は、観光地ではなくスーパーマーケットに行くべし! - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
異文化を知る

海外で現地の生活を体験したい人は、観光地ではなくスーパーマーケットに行くべし!

こんにちは!

世界一周中の内田美穂(@bleatand)です。

 

旅をしていると、

「現地の生活を知りたい!」

と言う人によく出会います。

 

私も、旅をするからには、定番スポットを観光するだけでなく、現地の生活を見てみたい派です。

 

そんな私が、海外に行くと必ず訪れる場所があります。

 

それがスーパーマーケットなんです!

 

ということで今回は、現地の生活を知りたい人は、スーパーマーケットに行くべし!ということついて書きたいと思います。

 

 

観光地は、観光客向けに作られた場所だから

多くの人が、海外旅行の際には、ガイドブックや旅行ブログなどで紹介されている観光の定番スポットを訪れるかと思います。

私も、定番スポットにはもちろん行きます!

 

ですが、あくまで観光地は、観光客が行く場所であって、現地で生活している人たちが行く場所ではありません。

 

例えば日本でも、京都に住んでいる人たちは、清水寺に頻繁に観光しに行くわけではないですよね。

 

もちろん、清水寺に行けば、歴史のある舞台や、周辺に立ち並ぶ昔ながらの軒並みなどを見る事ができ、日本の文化を体験することはできるのですが、それは現地の人たちの生活に根ざしている文化かというと、そうではありません

 

 

他の例でいうと、東南アジアや中華圏などには、夕方から夜にかけて、露店や屋台がたくさん出店するナイトマーケットが数多く存在します。

 

大きなナイトマーケットは、観光客にとっての定番スポットとなっている場所が多いです。

 

そう言ったナイトマーケットに行けば、活気と熱気の混ざり合う現地の文化を体験することができます。

ですが、観光客向けの観光地と、現地の人たちが行く場所は全く違うということを忘れてはいけません。

 

というのも、現地の人たちが訪れる市場と、観光客向けの市場では、売っている物も、価格も、訪れている人たちも全く違うからです。そこの売り手も、”観光客を相手に”物を売っています

 

 

もちろん、観光地に行くのが悪いと言うわけではありません。

観光地を訪れるのも、その国の文化を知るのにとってもいい機会になりますし、単純に楽しいです!私もたくさん行ってます。

 

けれど、それで現地の生活を知った気になってしまうのは少々危険です。

観光地で見る事ができるのは、現地で今を生きる人たちの実際の生活や文化ではないのです。

 

スーパーマーケットで売っている物、来ている人たちから、彼らの生活が垣間見れるから

では、現地の生活を垣間見るにはどこに行けばいいのか?

そこで私がおすすめしたいのが、スーパーマーケットなんです。

 

というのも、スーパーマーケットは、観光客が訪れる場所ではなく、そこに実際に住んでいる人たちが、生活のために訪れる場所だからです。

 

スーパーに並んでいる物の種類、値段、そこに来ている人たちを注意深く観察してみると、彼らの生活を垣間見る事ができます

 

 

例えば、マレーシアを例に挙げてみましょう。

 

イスラム教を国教とするマレーシアでは、豚肉はほとんど見かけません。

イスラムの教えでは、豚肉を食べることが禁止されているからです。

 

その代わりと言ってはなんですが、チキンをよく食べるマレーシアでは、鶏肉の品揃えがとても良いです。

手羽先やもも肉、胸肉はもちろん、首の部分、爪が付いたままの足や、お尻の部分など、売っている部位も様々ですし、他の肉に比べて品数も多いです。

 

他には牛肉、日本ではあまり見かけないラム肉をラム肉も置いてあります。

 

魚は、日本の様に裁かれた状態では置かれていません。

それ故、一般の家庭にお邪魔して一緒に料理をしてみるとわかるのですが、料理ができる人であれば、たいてい魚の捌き方や内臓の取り方を知っています。(知らないと魚料理が作れません)

 

青果コーナーにいけば、唐辛子がたくさん棚に並んでいたり、日本では見かけない珍しいフルーツが置いてあったり、香辛料の種類がとにかく多かったり、マンゴーが一つ約120円程度という安さで売られていたり。

 

売っているポテトチップスやカップ麺の味は、ほとんど辛いものばかりです。

辛くないものを見つける方が大変なくらいです。

それだけ辛いものが好きな食文化だとわかります。

 

 

売っている物だけでなく、そこを訪れている人たちに目を向けてみれば、マレー系、中華系、インド系、アラブ系など、本当に色々な人たちが生活している事がわかります。

 

お店のスタッフが、ネパールやバングラデシュ出身であることも多いです。大学や仕事のために、マレーシアにくるネパール人やバングラデシュ人が多いからです。

 

とこんな風に、スーパーに行くと、あるゆることから、現地の生活に根ざした文化を垣間見る事ができるのです!

 

というわけで、海外に行った際に現地の生活を見てみたいという人は、ぜひスーパーマーケットに行ってみることをオススメします!

色々な発見があって面白いですよ!

 

 

【こちらの記事もどうぞ】

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)