台湾、またね! - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
台湾

台湾、またね!

通りすがりのおじさんに言われるままに、台北101駅の構内で歌い始めた私。

ここは台湾で一番高いタワー、台北101のすぐ下に当たる。

こんな場所で歌っていいものかと不安もあったのだが、実はこの場所が大正解だった。

 

歌い始めると、みるみるうちにチップを入れてくれる人たちが現れたからだ。

 

電車が到着し、人の波があっと押し寄せ、私の前を通り過ぎていく度に、多くの人が声をかけてくれ、立ち止まり、チップを入れてくれたり、ビデオを撮ってくれたりした。

 

観光の定番スポットなだけあり、日本人の姿も多く見られ「頑張ってくださーい!」とガッツポーズをしてくれたりした。

 

ここでも、相変わらず、台湾の人たちの日本好きは伝わってくる。

時々、「日本人ですか?この歌歌ってください!」と日本の歌をリクエストされたりした。

 

しばらくそこで歌っていると、見覚えのある顔が現れた。

シェリーが暖かいミルクティーを持って、会いに来てくれたのだ。

 

   

 

私たちは、それから台北101の中に入り、フードコートの席に着いた。

 

中に入って気づいたのだけれど、実はここ、2年前にシェリーに会いに台湾に来た時に、一緒にお昼を食べたことのある場所だった。

たまたまたどり着いた場所が、前も一緒にお昼を食べた場所だなんて、すごいねって、そんな風に話し合った。

 

その後、シェリーは、私を、「友達なんだから、当たり前だよ!」と、空港につながるスカイトレインの乗り継ぎ駅まで、送ってくれた。

 

 

これでまた、少なくとも一年以上はお別れだ。

連絡を取り合おうねと約束し、ハグをして、私はスカイトレインの改札をくぐった。

 

 

空港に着くと、多くの旅行客と同じように、適当な場所に腰を下ろす。

ベンチはすでにいっぱいだったので、私の今日の寝床は、この壁の前になった。

 

床がかたいせいで、何度もお尻が痛くなったけれど、寄りかかれるだけマシだ。

 

結局、一睡もせず、ずっと起きていたので、二日間、シャワーもきちんとした睡眠もなしになった。

 

トイレでコンタクトを外し、メガネをかけようとカバンの中を探すと、私は、メガネをなくしてしまったことに気がつく。

お母さんが、旅の餞別として買ってくれたお気に入りのメガネだったので、萎え萎えの萎え。

 

まあそんな嘆いたことも言っていられない。

私は今から、次の新しい世界、マレーシアに向かうのだから。

         

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら

ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

前の記事:おもてなしとは。

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)