タ・プローム遺跡でラピュタの世界へ迷い込む - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
カンボジア

タ・プローム遺跡でラピュタの世界へ迷い込む

朝食を済ませた私たちは、次は、アンコールワット遺跡群の観光に向かった。

アンコールワット遺跡群は、あの一番有名なアンコールワットのお寺だけでなく、400平方キロメートルもの面積が、森や村、住民も含めて世界遺産登録されている。

 

そこに存在する遺跡はなんと100ほど!

 

その中で一番有名なのが、あのアンコールワットという訳だ。

 

さて、その100程ある遺跡の中でも、これから向かうのはタ・プロームという遺跡だ。

ここは、天空の城ラピュタのモデルになった場所と言われている。

 

遺跡の中に入ると、見えてきたのはこの景色!

   

 

これは、ラピュタだわ。。

試しに「バルス!」とつぶやいてみる。

 

 

すると、何も起こらなかった。

 

  

あの、誰の心の中にもある、空想の世界のモデルとなった場所が、こうして目の前に現れると、なんだか少し呆気ないような気がした。

 

もちろん、タ・プローム遺跡は美しい。そして何より神秘的だ。

 

けれど、私の頭の中のラピュタに比べると、私にはラピュタの方がもっともっと壮大で、神秘的に感じられてしまう。

 

アニメなのだから当たり前でしょう。と思うかもしれない。

 

でもやっぱり、その世界観を作った宮崎駿の想像力、そしてそのアニメを見て頭の中に大きな夢の世界を抱き、大人になってもそれを心に抱き続ける子どもの想像力に、この遺跡を前にして改めて感動したのだった。

 

さて、タ・プローム遺跡は、建設当時は仏教寺院として建てられ、後にヒンドゥー教に改修されたお寺だ。

 

そういう事情もあり、タ・プロームに施されている彫刻は、所々ヒンドゥー教、所々が仏教のものというように入り混じっている。

 

そしてこのタ・プローム遺跡の特徴のうちの1つが、このガジュマルの木だ。

  

この大きなガジュマルの木が、この遺跡の神秘さを増しているとも言えるのだが、「この木は今や遺跡を侵食しているのか、それとも支えているのか」などといった論争も起こっている。 

  

 

 

    

  

 

     

 

タ・プロームを後にすると、私たちは、また別の遺跡へと向かった。

 

この真ん中の塔だけ欠けているのは、ここに雷が落ちたせいだという。

この遺跡は階段が多くて、観光するのにヘトヘトになった。

 

さて、この遺跡でヘトヘトになった後、最後にやってきたのは、バイヨン遺跡だ!

もし、シェムリアップを訪れることがあるなら、この遺跡はオススメしたい。

 

回廊には、東西約160メートル、南北約140メートルに渡り、一面に彫刻が施されている。

それらは、戦争の様子や、それを支えた人々の生活を描いている。

この壁画の中に、目が細く描かれている人たちがいるのだが、それは中国人の列を意味しているらしい。

 

のだが、、、、

 

前回の記事で書いたように、

ガイドの男性がその話をした途端に、また、アメリカ人とアイルランド人はクスクスと笑い出す。

 

「目が細いから中国人?中国人がどうしてカンボジアの壁画に現れるのさ。デタラメ言ってないでよ」

と言って大笑いした。

 

そして互いに顔を見合わせて、首をすくめて手のひらを上に向けるポーズを何度もし、クスクス笑い続けるのだった。

 

けれど、この壁画に中国人が描かれているというのは、ガイドブックにも書いてある話で、決してガイドのおじさんが冗談を言っているわけでも、嘘を言っているわけでもない。何もおかしい話ではないのだ。

 

彼は、中国人の列の少し横に描かれた船を指して、

「この船に乗って、やって来たのさ。」

と説明したが、彼らは

「デタラメだ」と笑って信じようとしなかった。

 

私は、ガイドの男性が、心底気の毒になった。

 

一生懸命に、遺跡について説明をしてくれているのに、全て揚げ足を取られるようにチャチャを入れられ、笑われ、頭がおかしい、デタラメだと、喋るたびに言われるのだ。

 

こんな態度を取られて、悲しくならない人はいないだろう。

彼はきっと彼の仕事に誇りを持っているはずだ。

 

それを笑われたら、きっと怒らない人はいない。

 

だが彼は、それでも、私とタイ人の女の子が話に耳を傾けていることもあってか、彼らの嘲笑にも負けず、説明するのを諦めないでいてくれた。

 

おかげで私は、彼らの行いに悲しい思いをし続けたことを除けば、少なくともこの遺跡観光を、歴史と宗教の説明のおかげで楽しむことができた。

 

 

さて、このバイヨン遺跡には、穏やかな微笑みを浮かべる菩薩の顔の彫刻がたくさんある。

菩薩の顔はどれも四面に描かれていて、その四面塔はこのバイヨン遺跡のあちこちで見られる。

 

人と比較するとわかるが、結構大きのだ。

 

 

なんだか微笑みを浮かべる菩薩に囲まれて、ちょっと不思議な気持ちになった後、私たちはバイヨンを後にした。

 

     

 

バンにホステルまで送ってもらった後、タイ人の女の子と、ガイドの男性と写真を撮る。

あんなひどいことをされて、ちょっとガイドの男性のことを気の毒に思ったが、

「グッジョブ!You are nice tour guide! Thank you!!」

と元気に伝えてお別れをした。

 

お腹がぺこぺこな私は、いつも通り、あの家族経営のレストランへ。

    

エビと玉ねぎのスイートチリ風炒め物を注文。

今日もこのレストランは最高の味だった。

 

そして、デザートには、サービスのフルーツ盛り合わせもいただいた。

 

 

2019/3/31

 

次の記事:私を知る日本人に、シェムリアップで出会うという奇跡

前の記事:あのアンコールワットへ

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)