カンボジアのローカル市場がカオスすぎた件 - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
カンボジア

カンボジアのローカル市場がカオスすぎた件

今朝は停電だ。

トイレに行くにも、シャワーを浴びるにも、ケータイを充電するにも、何もかもが電気がないと困る。

 

ホステルは朝だというのに、どこもかしこも薄暗い。

特に窓がなく、日が差し込まないトイレとシャワーは真っ暗だ。

 

何も見えなくて、本当に困る。

 

 

日本の便利な生活に慣れていると、ちょっとしたことで困ってしまうのだから、逆に不便だ。

途上国を旅するなら、便利でない暮らしをして不便に慣れておく方が、逆に便利かもしれない。

 

今日もサークルKでパンを買う。

 

まあ、街全体が停電して、サークルKも、電気が通っていないせいで、アイスは溶けてるし、飲み物は冷たくないし、肉まんは準備できていなかったけどね。

さて、まずは、お金を両替しなくちゃ!

USドルが尽きていた私は、タイの路上ライブで稼いだバーツを持って、マネーエクスチェンジを探す。

 

そうやって街をうろうろしていると、私は、めちゃくちゃローカル臭の漂う市場をたまたま発見した。

 

観光客のいないような、こういう場所が大好きな私。

自然と足はそちらに向かって歩き出していた。

 

一歩その市場へ足を踏み入れると、一瞬で世界が変わった。

 

まず、匂い!

魚や肉、果物、野菜、なんだか色んな物の入り混じった匂いがムンムンする。

そして、丸焼けになった、そのままの形をした首の長い鳥が、吊るされていたりした。

まず思ったことは、ここで魚を買ったらお腹を壊しそう。。。と言うこと。

 

だって、こんなクッッソ暑い中、氷も何もなしにそのまま魚が置いてあるんだから。

そこでもっと驚く事が起きる。

 

その市場の中をうろうろしていると、生きたままの鶏を大量にくくりつけたバイクが、スレスレを通っていったのだ。

 

バイクの後ろにも、

前にも!

鶏がくくりつけられている。

 

そんな鶏たちは、足をばたつかせて鳴き声をあげながら、苦しそうにしていた。

当たり前だ。

 

こんな風に足を縛り付けられ、逆さにされ、他の鶏たちと何十匹も一緒に吊るし上げれられているのだから。

 

そしてその鶏たちは、まるで生き物ではないかのように地面に扱われ、放り投げられ、一箇所に集められていた。

 

その場所のすぐ横には、鶏を生きたまま量り売りにしている台がある。

この台に乗せられた鶏たちが売れて行き、数が少なくなると、地面から鶏が掴み上げられ、ここへ移されるのだった。

 

弱っている鶏たちは、時々悲鳴をあげるように鳴きながら、もがき、羽ばたこうとしていた。

すると、それを静まらせるかのように、おじさんが鶏を手で台に押さえつけるのだ。

 

お客さんが来て、

「この鶏は何グラム?いくら?」

と聞くと、彼は足や翼を鷲掴みにし、秤の上に乗せる。

 

まるで生きていないかのような扱いだ。

すぐ隣には、皮を剥かれ、丸ごと下ゆでされ、内臓を抜かれた鳥たちが置かれていた。

 

もし、私が鳥だったら、、、

もし、これが人間だったら、、、

これほど残酷なことはないだろう。

 

さて、カオスの世界を抜け、現実世界へ戻る。

ここから、カンボジアのポルポト政権時代の負の歴史を知るために、もう1つ必ず訪れておきたい、キリングフィールド へ向かうとする。

 

2019/4/4

 

前の記事:ナンキン虫(ベッドバグ)にヤラレル

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)