世界一周するなら、日本の住民票は抜いていけ!【海外転出届を提出するメリット・デメリット】 – 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
旅ハック

世界一周するなら、日本の住民票は抜いていけ!【海外転出届を提出するメリット・デメリット】

こんにちは!

世界一周中の内田美穂(@bleatand)です。

 

世界一周を予定している方で、

  • 住民票は抜いていくべき?(海外転出届けを提出するべき?)
  • それとも残しておくべき?

と迷っている人もいる人は多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、そんな人には

ぜひ、住民票を抜いて(海外転出届けを出して)から出発することをオススメしたい

と言うことを書いていきたいと思います!

 

また、世界一周を考えているみなさんは、こちらの記事もチェックしてみてください!

 

 

 

海外転出届けを提出する(住民票を抜く)メリット

①1月1日に日本にいなければ、住民税を支払わなくてよくなるから

 

1年以上世界一周をする予定の人は、基本的には住民票を日本から抜いておかなければならないのですが、1年未満の場合には、海外転出届けを出しても出さなくても良いことになっています。

 

ですが、世界一周の予定が1年未満の人でも、住民票を抜いてから旅をするのがオススメです

というのも、1月1日の時点で日本の住民票がなければ、その年1年分の住民税を支払わなくてよくなるからです!

 

これはかなり大きなメリットです。

 

例えば、仮に帰国予定が3月であったとしても、1月1日に日本にいなければ(日本の住民票を抜いていれば)、その年1年分(4月から12月の分さえも!)の住民税を払う義務がなくなるのです!

(自治体によって多少異なる可能性があるので要確認)

 

もし、前年の所得が300万円の24歳であれば、単純計算で年間約16万円も浮くことになります。(地域やその他の条件によって前後します)(参照:住民税の自動計算サイト

 

実際、日本にいないのに、高額の住民税を払うのはもったいないですよね。その分旅の資金にあてた方が効率的です。

 

②国民年金の保険料が免除されるから

 

海外転出届けを提出すると、国民年金への加入が、強制ではなくなります。

任意加入もできるのですが、加入しない場合には保険料が免除になります。

 

ちなみに私は、世界一周期間中なのですが、加入していません。

1ヶ月に1万6000円以上もする保険料(令和元年度)を旅中に納め続けるのは結構辛いです。

 

年金を受け取るためには、年金を納めている期間が10年必要ですが、免除期間中も年金を納めている期間としてカウントされます。

 

ただ、国民年金の保険料納付を免除すると、将来受け取ることができる年金の額は減るので、それが嫌な人や、旅中にも国民年金の保険料を納める余裕がある人は、任意加入すると良いでしょう。

 

(参照:日本年金機構

 

③1年以上世界一周できるから

 

世界一周旅行者の場合、「旅の期間はそんなにきっちり決めてないよ」と言う人も多いのではないでしょうか。

 

また、私もそうなのですが、しっかり予定は立てていても、旅はなかなか思う通りにいかないことが多いです

 

そうすると、最初は1年未満で世界一周しようと思っていても、途中でやっぱり1年以上旅を続けたくなったりします

 

そんな時、海外転出届けを出していないと、1年以上世界一周することができません

 

旅に予定外のことはつきものなので、そんな時のためにも、海外旅行転出届けを出しておくことがオススメなのです。

 

海外転出届けを提出するデメリットは?

 

では、海外転出届けを提出するデメリットはあるのでしょうか?

 

  • 出発前に自治体に出向いて手続きをするのが面倒。
  • 帰国後また自治体に出向いて手続きするのが面倒。

 

と、2回の自治体での手続きが面倒なことでしょうか。

 

ただ、自治体にもよりますが、手続きにはさほど手間や時間はかかりません。

 

私の住んでいる自治体では、マイナンバーカードと印鑑、身分証などを市役所に持参し、数分で手続きすることができました。

また、日本に住民票を戻す際も、マイナンバーを持参で、数分から数十分で手続きしてくれるとのことでした。

(自治体によって多少異なるので、要確認です)

 

 

日本に住民票を残しておくメリットは?

逆に日本に住民票を残しておくメリットはなんでしょう。

 

それは、

 

  • 国民健康保険を使うことができる!

 

ことです。

 

 

ただ、世界一周をする際には、ほとんどの人が、海外旅行保険に加入するかと思いますし(絶対にした方がいいです。私はマレーシアでとんでもない目に遭い、異国の病院で危うく手術しかけました)、クレジットカードに付帯している海外旅行保険などもあると思いますので、そちらを使用する機会がほとんです。

もし、国民健康保険があったとしても、国民健康保険を使う機会はほとんどないと言っていいです。

 

国民健康保険で得られる恩恵よりも、日本に住所を残しておくことで発生する納税義務などのデメリットの方が、圧倒的に大きいです。

関連:足が化膿しとんでもなく腫れ、異国の病院で手術仕掛けた話

 

海外での住所が決まっていない旅人は、転出先をどこにすればいいのか

海外転出届けを出すと言っても、

「旅なんだから決まった住所なんて海外に持たないよ。どうすればいいの?」

と思う人もいるかもしれません。

 

ですが、安心してください。

 

その場合は、最初に訪れる国名だけ書いておけば平気です

 

私は、最初の目的地が台湾だったので、海外転出届けの転出先の欄には、「台湾」とだけ書きました。

 

結論:世界一周するなら海外転出届けは出すべき

以上、日本の住民票を抜くメリットデメリット、抜かないメリットデメリットについて書いてきました。

 

結論、海外転出届は出した方がいい

と思います!

 

と言うのも、海外転出届けを出して得られるメリットは、高額な住民税や国民年金保険の免除など、かなり大きなものだからです。デメリットは、手続きが面倒なことくらいでしょう。

 

逆に日本に住所を残しておくメリットは、国民健康保険が使用できると言うことですが、実際は海外旅行保険やクレジットカード付帯の保険があれば必要ありません。

 

と言うことで、世界一周を予定している方は、出発前に海外転出届けを提出することをオススメします!世界一周までにやるべき手続きリストは、こちらの記事を参考にしてください。

世界一周準備!出発までにやるべきことリスト

 

記事中に出てきた、足が化膿しとんでもなく腫れ、異国の病院で手術仕掛けた話はこちらから読んでみてください!

 

また、世界一周を考えているみなさんには、こちらの記事もオススメです!

 

 

 

ちなみに、私の世界一周のルート計画はこちらに紹介しています!

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)