バイバイムーン - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
マレーシア

バイバイムーン

朝、リアの看病から帰って来た私たち。

人の看病帰りな訳だけど、私も私で体調が最悪。

 

鼻をずるずるすすりながらあのレストランに行くと、先客がいた。

 

まあ、「先客がいた」と言ってもこのレストランは、私と同じホステルに泊まってる男性客たちに人気なので、いつも誰かしらが、タバコをふかして、シェフのおじさんとおしゃべりしているのだが。

 

その先客は、今日は、ナイジェリア人の陽気な男性だった。

 

彼は私を見ると、毎回、

「コンニチハ〜元気デスカ〜!」

とでかい声で挨拶してくれる笑

 

 

実は彼、東京在住で、日本人の奥さんがいるんだよね。

今は一人でマレーシアを旅行中なんだって。

 

 

日本語で挨拶すると、次に

「マレーシアはいつ発つの?次はどこの国?」

と彼は私に聞く。

 

「インドだよ!ギターで飛行機のチケットを貯められたら、すぐ行くつもり。だからいつかはまだわからない。稼ぎ次第かな。」

 

私は、そんな彼と話している間にも、ずるずると鼻をすすり続ける。

 

すると彼は言った。

 

それ、

 

「インフルエンザだよ〜!

マスクしなきゃヤバイよ〜

待ってて!日本のマスク!ある!あげる!」

 

と言ってどこかにいなくなったかと思うと、ホステルの自分の部屋に戻り、日本から持ってきたマスクと、私も愛用している、のど飴をくれた。

 

優しいなあ。

 

すると、今度は、それを見ていたシェフのおじちゃんが、

「彼がさっき、このお菓子くれたんだよ。2つもらったからあげるよ」

と言って、ベビースターをくれた。

 

ありがたや〜。

 

すると、シェフのおじちゃんは言った。

「everyone likes you, everyone keeps an eye on you! (みんな君を好いてる。そして、みんな君のこと気にかけてるんだよ。)なんでか知ってるか?みんな君を娘のように思っているからさ」

 

ありがとう。みんな。

 

 

さて、今日は、ムーンが中国へ帰国する日だ。

私は、彼女を、バスターミナルまで見送りに行く。

 

私が彼女とホステルを出ようとすると、

 

バッセムも、ついて来てくれた。

  

 

ムーンは、本当に、心の優しい女の子だ。

 

恥ずかしがり屋で、引っ込み思案なところがあるけれど、芯が強くて、頑固で、何よりとってもしっかりしている女性だ。

だから、年下の私をいつどんな時でも毎日気にかけてくれていた。

 

「あなたは妹、ひょっとすると、娘のようなものだから」

といつも言っていた。

 

 

 

ムーンは、私にとって、このホステルで一番最初にできた友達だ。

ベッドに座ってスマホをいじっていた彼女に、私が話しかけたのだが、あの時、ムーンに話しかけて、本当に良かったって思う。

 

それから私と彼女はとっても仲良しになれたから。

 

「もし、ミホが話しかけてくれなかったら、私はきっと、このホステルで誰とも喋らなかったと思う。去年もこのホステルに泊まっていたのだけど、その時は誰とも喋らなかったのよ。こんな風に、たくさん友達を作ることなんてなかったと思う。ありがとう」

 

彼女はそんな風に言ってくれていた。

でも実際は、私の方がありがとうって言いたいよ。

 

 

彼女はいつも私を助けてくれていた。

それに比べて私は、いつでも彼女に助けられてばかりいた。

 

それを私が彼女に言うと、

「あなたはまだ若いからいいの。その代わり、あなたが大人になった時、下の世代の人を助けてあげて。」

そう言った。

 

私が、アロー通りで出会ったマレーシア人たちに言われた言葉と同じ言葉だった。

 

私は、今回の旅で、自分が助けてもらった分、人に恩返しがしたいと思うようになった。

それは、自分に優しくしてくれた人達だけにではない。下の世代やもっと大きな話で言えば、社会に。

 

それが、今、旅をする中で思い始めていることだ。

この気持ちを、ずっと忘れないようにしたい。

 

 

彼女がバスに乗って、去って行く時、不思議と、あまり悲しい思いはしなかった。

きっとまた会えると、信じていたからかもしれない。

 

 

私はまた、いつも通り、お寺に無料の料理をもらいに行く。

今日のメニューは、半分以上がデザートという、謎の献立だった。

 

辛いポテトサラダのようなもの、豆、マンゴーを甘く煮た物、あんこのようなもの、得体の知れない黄色い甘い何か、の組み合わせだ。

 

 

実はこのお寺には、ヒンドゥー教徒に混じって、私もちゃっかり毎日通ってるので、顔を覚えられている笑

 

ムーンが食べ物をもらいに行くと、

「あの日本人にも持って行ってあげて!彼女にはちょっと特別のご飯用意してあるんだ」

と言われて2つも食べ物をもらえるらしい笑

 

それに驚いたムーンは、いつか私にこう聞いた。

「どんな魔法を使ったらそんなに仲良くなれるの?あなたの話がよっぽど心にtouchしたんだね」と。

 

その場にいた、65歳で世界一周中の日本人の田島さんは

「あんたよっぽど印象が強いんだね」

と言っていた。

 

でもね、単純に、地元のヒンドゥー教徒しか行かない、観光客なんて全くいない超絶ローカルなお寺に、毎日カメラ持って興味津々に熱心に動画や写真撮って、食べ物もらいにくる日本人がいたら、それだけで覚えられた当たり前だ笑

 

ただ単に

「今日の食べ物、これは何でできてるんですか?昨日の食べ物美味しかったからまた作ってください」

とか、

ヒンドゥー教のたくさんいる神様の名前と、その一人一人のストーリーを覚えたりして覚えてきたことを話したり質問したりしてるだけ。

 

別に特別なことなんて一切してない。

 

でも、自分の言動行動から、私がヒンドゥー教に興味を持って、ここの食べ物のことも好きなのが、自然に相手に伝わってるから、だから向こうも優しくしてくれるんだと私は思う。

 

ただそれだけのこと。

 

自分達の文化や食に興味持ってくれる人を悪く思う人はいない。

気を付けてることがあるとしたら、

笑顔と謙虚さと、ちょっとしたずうずうしさかな笑

 

この日の夜も、私はいつも通り、路上ライブに向かう。

 

 

 

 

今日も様々な人たちが、応援してくれた。

 

97.1RM
600台湾ドル 693円
10000ベトナムドン 46円

 

チップの中には、色々な通貨が混じっていた。

日本円で、計約3269円いただいた。

6/18

 

次の記事:いつかレストランを一緒に開こう。君がオーナーで僕がシェフさ

前の記事:月曜日は、サイードの日?

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)