お引越し。素敵な日々のはじまり。 - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
マレーシア

お引越し。素敵な日々のはじまり。

荷物をまとめてホステルをチェックアウトし、

クアラルンプールで一番安いホステルと、そしてそこに凄むベッドバグたちに、おさらばした。

 

 

今から、少しグレードアップしたホステルへお引越し!

 

と言っても一泊320円から500円くらい。

値段は日によって変動。

 

 

場所は、今のホステルから徒歩20分。

まあ歩いて行けなくはない距離。

 

 

荷物超重いけど。外めっちゃ暑いけど。

 

 

 

私は、東南アジアの日差しの下を、重い荷物を持って歩き始めた。

 

この20分間が苦痛で、めちゃくちゃ遠く感じたことは、言うまでもない。

 

 

 

ホステルに着いた頃には、汗が地面に滴るほど汗だくになっていた。

 

 

 

チェックインをしようと受付に向かうと、そこにいたのは、背の低い、ぽっちゃり系なインド人男性。

 

 

彼がチェックインの手続きをしてくれ、部屋まで案内してくれた。

 

 

 

無垢な感じで笑顔でお喋り。

 

第一印象で、「この人なんかいい人」となぜか感じたのだった。

 

そしてこの予感は、のちに見事に大当たりすることとなる。。。

 

 

 

 

さて、夜まで町をぶらぶらし、安いナシレマの食べれるあの同じ店に向かい、

私は、そこでパソコンを開いて夜までブログを書いた。

 

 

夜、ホステルに向かう途中、路上に屋台が出ているのを見つけた。

昼間はなかったのに。

 

 

マレーシアには、こう言う、夜にだけ出現する屋台がたくさんあるのだ。

試しに、ハンバーガーを買ってみる。

 

マレーシアでは、こういった、ハンバーガーの屋台をあちこちで見かけることができる。

 

柔らかいバンズに、チリソース、マーガリンをたーっぷり塗ったバーガーは、

日本や他の国で食べられるハンバーガーとは全く違った、マレーシアだけのローカルテイストだ。

 

 

マレーシアに行く機会があったら、ぜひぜひ試してみてほしい。

 

 

8人部屋のホステルの部屋に戻ると、同じ部屋の向かいのベッドは中国人らしき女の子。

かなり華奢で、若そうに見える。

 

高校生くらいに見えないこともない。

 

 

「中国から来たの?」

と聞いてみると、そこから会話が始まり、

 

なぜ旅をしているのか、仕事は?どこの国行った?

 

などたわいもない話をしばらくした。

 

 

 

名前はムーンというらしい。(中国人のほとんどが持っている、イングリッシュネーム)

 

 

私が、

「高校生くらいに見える!」

と言うと、あなたよりもーーっと上の年だよっと言って笑っていた。

 

私と彼女は、のちにこのホステルでの大親友となる。

 

 

彼女は、ナンキン虫に刺された私の腕や足を見て、タイで買ったと言うミントのスースーするオイルを私に預けてくれた。

 

 

「いつでも使っていいから、持ってていいよ!」

と。

 

 

おかげで、その日は全身の痒さが軽減され、ぐっすり眠りにつくことができた。

 

 

次の記事:絆創膏

前の記事:腕が大変…(見ず知らずの人にまで心配される)

 

 

読んでくれてありがとうございます!

ランキングに参加しています。よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

SNSなどでのシェアもよければぜひ!!

下記シェアボタンから!

👇👇👇👇👇

 

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)