誰かに嫉妬してしまうときこそ、成長の絶好のチャンスだということ – 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
コラム

誰かに嫉妬してしまうときこそ、成長の絶好のチャンスだということ

こんにちは!

旅するシンガーソングライターの内田美穂(@bleatand)です。

 

誰かに嫉妬してしまうことって、ありますよね。

私もあります。

 

でも、とある経験をしてから、嫉妬は成長の絶好のチャンスだと捉えるようになったんです。

そしてそれからは、嫉妬の気持ちをうまくコントロールできるようになりました。

 

今日はそのことについて書きたいと思います。

 

留学している人たちのことを嫉妬していた

大学生の頃、周りの留学している人たちのことを見ては、

「いいなあ。みんなはお金もあって、両親も海外に行くことを許してくれて。」

と嫉妬ばかりしていました。

 

私は大学時代、1年間ほどの長期留学がしたかったのですが、私の両親は留学に猛反対。そして留学できるほどの経済的余裕もうちにはありませんでした。

 

大学柄もあるかも知れませんが、私の周りの留学している友達といえば、みな親の貯金で留学させてもらっている人ばかり。そんな環境にいたせいもあり、あの頃の私は、留学というのは両親に費用を出してもらうのが当たり前なんだと思ってました(今思うと当たり前じゃないとわかるのですが)。

 

そして何より、海外で学びたいという真っ直ぐな気持ちを、両親が応援してくれているという事がとても羨ましかったのです。

 

今ではもちろん、学費の高い私大に通わせてもらえただけで、両親には感謝しています。

でもあの頃の私にとっては、両親に留学を許してもらえる友人たちが、羨ましく思えて仕方ありませんでした。

 

嫉妬をバネに努力をしたら、得られたものは予想以上だった

そんな風に、留学をしている人たちに対して嫉妬をしていた私ですが、あるとき、

 

「お金がなくても、必死にバイトしたり、奨学金を借りたりして留学している人はたくさんいる。それに、親が許してくれないなら、認めてもらえるほど、努力すればいいだけだ。口だけじゃなくて、行動でも示せば、本気さをわかってもらえるはず。両親もきっと認めてくれるはずだ。それをせずに勝手に羨ましがってたのは自分自身じゃないか」

 

と気づいたんです。

 

たしかに家庭の経済事情を自分で変えることは難しいですが、だったら親に頼るのではなく、自分で貯金すればいいだけだと。

 

それに、両親が納得してくれないなら、納得してもらえるように、英語を必死に勉強して、貯金もして、本気で努力している姿を見せればいいんだと。

 

そのことに気づいてから、私は必至でお金を貯め、夢中で英語の勉強をし始めました。

 

と言っても、普通にバイトをするだけでは、留学できるほどのお金はなかなか貯まらないので、私は、ハンドメイド作品販売アプリで、自分で作ったアクセサリーやキャンドルを販売し始めました。

 

この時、ただ単に物を作って売るだけではなく、どんなものが売れるのか、どんなものなら多くの人に欲しいと思ってもらえるのか、試行錯誤し、何度も何度も実際に販売して経験を重ねることで改善していきました。

 

一日に10時間以上も、作品作りと、販売、戦略練り、発送作業などに割く日々を、何ヶ月も続けていました。

 

そうやって、本気で努力をすることで、アプリ内で売り上げは上位0.6%になり、1年間で200万の売り上げを達成することができました。また、幾つもの商品が、サイト内の人気No. 1商品となったのです。

 

そして、売り上げ金を得ただけでなく、どうやったら人の心に刺さるものを作り、どうやったらそれをよく販売できるのかという、マーケティングの基本のようなことを、実践を通しながら学べたことは、とても貴重な経験になりました。

 

また、留学の前には、英語の勉強も必死でしました。留学直前の1ヶ月は、英単語を3週間で1500語以上も覚えたほどです。

 

そしてこれらの努力の結果、1年とはいきませんでしたが、自分で貯めた貯金で、3週間の留学を3回することができ、TOEICの点数も、430点から750点まで伸ばすことができました。

 

さらに、留学中には、世界中に掛け替えのない友達もたくさんできました。

 

もし、あの時、ただ誰かに嫉妬しているだけで、自分ではできないと諦めていたらどうだったでしょう。

 

私は留学という経験をすることもできず、素晴らしい友達にも会えず、英語力も伸びず、自分で作った物を販売して成果を出すと言う貴重な経験もできず、きっと多くのものを得られるチャンスを失っていました。

 

何より、今こうして世界一周をしていることさえないと思います。留学の経験がなければ、海外で生活することが、どんなに有意義なことか気付かなかったからです。

 

そして一番大きなことは、あの時行動していなければ、留学できなかったことを今でも後悔し続けていただろうということです。

 

これだけ頑張ることができたのは、人に嫉妬してしまうほどの強い思いがあったからだと思います。

つまり誰かに嫉妬しているときこそ、本当は頑張れるチャンスだと思うのです。

 

誰かに嫉妬してしまうときこそ、成長の絶好のチャンス!

 

嫉妬とは、言い換えれば、自分より優れている人、自分ができないことを叶えている人に対して抱く、羨ましい気持ちのことです。

 

羨ましいと思うのは、自分もそれに憧れを抱いているからです。

本当は自分も、できるようになりたいのです

 

ならば、その嫉妬の対象に追いつけるように努力をすれば、自分がやりたいことが達成でき、なおかつ成長もできて、こんないいことはないと思うんです。

 

試行錯誤しながら、がむしゃらに頑張ればそれは大きな経験値になり、それ今後の人生にも確実に生きてきます。

 

 

嫉妬すると言うことは、嫉妬するほどの強い気持ちを持ち合わせていると言うことです。その気持ちが一旦努力の方向に向くと、すごいパワーになります。

 

私は、留学の嫉妬を乗り越えてからは、自分が誰かに嫉妬してしまう際には、

あ、私は今嫉妬してる。ということは、これは自分も本当はやりたいことなんだ。じゃあ、羨ましがる前に、その人の真似をしてみよう!」

と思うようにしています。

 

そうやって実際に行動を始めてみると、自然に嫉妬の気持ちは消えていきます。

なぜなら羨ましかった誰かのしていることを、今自分もしているからです。

 

嫉妬の気持ちって、マイナスな感情になりがちですが、思いが強くなりがちなぶん、努力の方向にうまく向けることができると、ものすごいパワーになるのです。

 

皆さんも、嫉妬の気持ちに気がついた時は、ぜひ、それを努力のパワーに変えてみてください!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)