成都からカトマンズへ。あたしの荷物はどこ。。。? | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
2018/3/8〜2018/3/28 ネパール(2回目)

成都からカトマンズへ。あたしの荷物はどこ。。。?

異常な暑さに寝苦しさを感じ、目を覚ますと、

暗いエスカレーター下、空港のソファで足を伸ばして寝ていた。

時計の針は、午前3時。

すぐ隣では、40過ぎのおじさんがいびきをかいていた。

 

バックパックの重量を減らすため、トレーナーの上にマウンテンジャケットを羽織り、

長ズボンの上に裏起毛つきマウンテンパンツを履いていたせいで、全身寝汗で濡れている。

 

ジャケットとマウンテンパンツをすぐさま脱ぎ、

1つしかないバックパックへ詰め込むと、寝起きの頭に最悪の現実がカムバック。

 

「そうだ。エベレストの登山用具が全部入ったバックパック、ロストバゲージしたんだった、、、、!!!」

もう、悪夢であってほしいいいい。けど現実なんだな。

 

とりあえず起きなきゃ!!

9時半発の、成都発カトマンズ行きに乗り込む前に、やるべきことがある。

昨日の、英語のまるで通じなかったスタッフさんとのやりとりのままでは、

楽天的マイペースのあたしでも、さすがに絶望を感じる(笑)。。。

誰か英語の話せる人に、確認して手続するぞ、、、。

 

一つしかないバックパックを持ち上げて、空港2階の出発階ロビーへと向かった。

 

ロビーにつくと、朝早いのに、チェックインを待つ人達の長い列ができていた。

 

「エアチャイナ、、エアチャイナ、、、、」

左から順に、チェックインカウンターを指を指しながら歩いていくと、

右から何番目かにエアチャイナのカウンターを発見。

 

空いているカウンターに並び、順番を待つ。

 

昨日のように、英語の通じない絶望的状況も一応覚悟しながら、

ロストバゲージの惨事をめぐる事情を説明すると。。。

 

「確認しますね!」

と、どこかへ電話をしてくれた。うわーーん。よかった~。ひとまず第一関門クリア。

国際線だからなのかな?

 

けどね、問題はここから。

中国語での電話のやりとりは、意味がわからなかったけど、

あんまりラッキーな状況じゃないのは、その表情と声色でわかった。

 

あからさまに眉をしかめだすんだもん。

 

外国人は、ってひとくくりにするのはアレだけど、

やっぱ日本人に比べるとポーカーフェイスを知らない。

 

「貴方の荷物ですが、、、今どこの空港にあるのかもわからない状況ですね。

今日中はおろか、明日にもカトマンズにお届けするのは厳しいかと、、、」

 

あーもう最悪だ(笑)

 

多少遅延してもカトマンズで荷物受け取れるんじゃないかって思ってた

昨日のわずかな希望もなくなったわけだ。

 

まあね、ぐだぐだ言っててもしょうがないよね、

もうカトマンズで全道具そろえる路線に変更!!

 

とは言えお気に入りの登山道具がないのはわりとガン萎え。

 

家族ラインに事情を投下すると、

お父さんもお母さんも、「帰ってきなさい」の一言。

 

いやいや、悪いけどこんなところで引き返すようなあたしじゃないよ。

両親の言葉でなぜか、やる気が出てくる。

 

ロストバゲージしたけど、エベレストトレッキングしましたとか逆におもしろいじゃん!

という謎の逆の発想に切り替えることにした。

 

 

カウンターでチェックインをすませ、搭乗券を発行してもらう。

もう今回は、荷物は預けない(笑)

これでもう一つのバックパックもなくなったら、今度こそ絶望する(笑)

 

無事出国カウンターを抜け、

搭乗ロビーのソファーで、ひとりミニケーキを買って食べていると、

隣に座ったネパール人の集団に話しかけられた。

「good(おいしい)?」

うーん、どこの国の人だろう。ちょっと黒めの肌に、南アジア系の顔立ち。

きっと同じ飛行機に乗るよね。

ネパール人かなあ。

 

 

「ミトツァ!」

相手がネパール人か定かじゃないけど、ここは思い切って

ネパール語を使ってみる。。。

 

「オオオ!グッド!ユーキャンスピークネパリ!」

よし!やっぱネパール人だった!

ホントネパール人の気さくさは日本人からしたらありえないと思う。

 

 

「アリ アリ マトラ!(ちょっとだけ!)」

ほんの中学生英語のネパール語版みたいな会話が始まる。

向こうもそんなしゃべれないのわかってるから、ゆっくり簡単な言葉で話してくれる。

 

「シャウ モンパルツァ?(リンゴ好き?)」

「モンパルツァ!(好き)!」

って、答えるとカバンから生のリンゴ出してくれた、、、、(笑)

 

持ってるんかーい。しかも生で。しかもくれるんか。

やっぱ、自分の国の言葉、勉強してる外人と出会ったら、嬉しいよね。

リンゴもあげたくなっちゃうよね。

せっかくだから、記念に一枚!

実はこの人達、ネパールの政府の下で、発電所を建てる仕事してて、

中国にダムの視察に行ってきた帰りなんだって!

 

フェイスブックを交換し、カトマンズでまた会おうと約束し、

一緒に飛行機に乗り込んだ。

 

座席に着くと、すぐに寝てしまった。

昨日は空港のソファで2時間しか寝てないもん。

離陸の瞬間は何も覚えていない。

でも、目を覚ました時には、地上にはこの景色が広がっていた!

 

やばない??

雲かと思った??

これぜーんぶ、ヒマラヤ山脈だよ!

 

機内からの景色がきれいすぎる場所ベスト1!

 

しばらくすると、機内食が提供される。

ネパールと中国の時差のせいで、朝食なのか昼食なのかよくわからない。

隣に座ってる二人が中国人だったんだけどさ、

カバンから出したひじきみたいな黒い手作り料理をかけて食べてて。

なんだろって見てたらあたしにもくれた(笑)

 

前回ヒマラヤアンナプルナを登山した時も、

中国人のおばちゃんが手作り料理持ってきてたの覚えてる?しかも標高4100mでみんなにあげてたの。

登山開始から4日目なのにずっとカバンに持ってたってすごいなって思ってたけど、

 

やっぱ中国人どこにでも手作り料理もってきがち。人にあげがち(笑)気前がいい。

そうこうしているうちに、機体は徐々に高度を下げ始める。

「うーーーー!ついたぞカトマンズ!」

あたしが人生でもっともわくわくした地に、

また1か月後に戻ってこれるなんて、、、!

2時間並んで観光ビザを取得。

このさ、赤レンガの、いかにもネパールっぽい

全然立派とは言えない空港も大好きなんだよね!

空港に着いただけでわくわく。

前回来た時の記憶がよみがえる。

 

さて、これからまた、3週間の旅が始まるわけだ。

今回はエベレスト、また新しい出会いと、冒険に期待!

 

んでは、また次回!

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


前の記事→ネパール再び。乗継にてこの世のすべてを失う


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

2件のコメント

  1. 匿名 より:

    期待を裏切らない面白さ。
    このケーキは何味なんだろう。三角の台紙の上に四角いケーキなんですか?
    次週待ち人より

  2. 内田美穂 より:

    次週待ち人さん
    たしかに、、、!三角の台紙に四角いケーキは気づきませんでした笑
    ケーキは、生クリームだけサンドしたシンプルミルフィーユでした!