ネパール??? - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
インド

ネパール???

バスでギターを盗まれ、仕方なくホステルへやってきた私。

バス停でリキシャ―を拾い、ホステルまで送ってもらうと、

彼は

「200ルピーは少なすぎる、250払え!」

 

とインド人リキシャ―ドライバーらしく、文句を言ってきた。

 

リキシャ―に乗る前に、200ルピーで交渉成立したのにも関わらず、車を降りる際に、それ以上要求してくる。

 

これ、インドでめちゃくちゃよくあるパターン。

 

でも、よほど身の危険を感じないかぎり、スルーでおっけー。

 

これだけ頻繁に嘘をついたり、口で文句を言ったりはする割に、暴力や武器で脅されたりしたことが一度もないのもインド。

 

200ルピーだけ払い、荷物を持って、

「じゃーねー!」

とリキシャ―を降りて、そそくさとホステルへ向かった。

 

 

ホステルの扉を開けると、受付に座っていたのは、肌の浅黒いお兄さん。

 

チェックインの手続きを済ませている間、

 

「ダンニャバード(ありがとう)」

「ナマステ(こんにちは)」

 

などのヒンドゥー語を使ってみる私(笑)

(ちなみに、ダンニャバードとナマステはネパール語でも同じ)

 

実は私、ネパール語が少し話せるのだけれど(ネパール語講座の記事も書いてます)

ヒンドゥー語とネパール語は、結構共通の言葉が多くて、ネパール人のほとんどは、ヒンドゥー語も話せるほど。

 

インド人は、ネパール語は基本的にはわからないんだけど、言葉が似ていたり、同じだったりするから、ネパール語を言ってみるとたまに通じたりするんだよね。

 

で、彼らに、知ってるヒンドゥー語やネパール語で挨拶すると、だいたい喜んでもらえるので、初めて会った人には、ナマステ―、ダンニャバードなどと挨拶してるってわけ。

 

 

そうしたら、実は、このお兄さん、インド人じゃなくて、ネパール人だったことが判明!

 

私はそこで、一気にテンションがバク上がり。

 

ネパールは、私が今まで行ったことのある中で、一番好きな国だ。

 

私は、彼と、ネパール語でおしゃべりを始める。

 

お兄さんも、私が2度もネパールに行き、エベレストを登山し、ネパール語をしゃべれるということを知ると、とっても嬉しそうだった。

 

お兄さんと、またねをし、

チェックインを済ませ、荷物を部屋に置くと、私は、屋上に向かった。

 

無料の朝食を食べるためだ。

 

それにしても、屋上はめちゃくちゃ熱い。

「もう座っているだけで汗が噴き出してくる」

こんな言葉じゃ言い表せないくらい暑い。

 

肌が痛い。

目が痛い。

 

暑いよりも、痛いと言った方がいいんじゃないかというほど暑い。

 

席に座って待っていると、

スタッフのおじさんが、トーストと、卵と紅茶を出してくれた。

 

バターは暑さで、一瞬で解けて消えた。

 

 

どうやらここのホステルは、スタッフ全員がネパール人のようだ。

 

 

なぜ、わかるかって?

 

顔つきがインド人ではなく、ネパール人だし、

みんな、ヒンドゥー語ではなく、ネパール語を話しているから!

 

私は、本当にうれしくなった。

そして、懐かしくなった。

 

私の大好きな、大好きな、ネパール。

人生で一番エキサイティングな時間を過ごしたネパール。

 

そのネパールで日常的に聞いていた言語を耳にすると、その時の記憶がよみがった。

 

そして、この紅茶も、ネパールでよーく飲んでいたものと同じ味がした。

 

またネパールに行きたくなってしまう。

 

私は、彼らに、ネパール語で話しかけた。

すると、彼らは驚いた顔をした。

 

それもそうだろう。ネパール語というマイナー言語を、日本人が話すのだから。

 

「チャイ、デライ、ミトチャ!(紅茶本当においしい!)」

というと、もう一杯、紅茶を出してくれた。

 

ありがとう。

 

 

食事を済ますと、私は、知っているネパール語の歌を彼らに歌った。

 

4、5人のスタッフに囲まれて、歌を歌うと、本当に喜んでくれた。

 

他のスタッフを連れてきて、

「彼らにも歌ってくれ。僕たち、故郷の歌が聴けて、嬉しいよ。仲間も喜ぶさ」

そう言われるほどだった。

 

ネパールでもそうだったのだが、私がネパール語の歌を歌えるということを知ると、

エベレスト登山中、ネパール人ポーターたちに、

「歌ってくれ。僕たちは登山で疲れている。どうか癒してくれ」

と、毎日山小屋で頼まれたものだった。

 

ある時は、ネパール人ガイドたちの間で私の噂が広まり、知らない人にまで

「ネパール語の歌が歌える日本人だろ?歌ってくれよ」

と頼まれるほどだった。

 

 

そして、私が歌うと、本当にうれしそうにしてくれるのだ。

 

私は、自分の歌で、誰かが喜んでくれることが本当にうれしかったし、

歌で心が癒される気持ちになるという、その彼らの純粋な心に、私の方が癒されるのだった。

 

やっぱり私は、ネパールが大好きだ。

 

6/30

 

前の記事:

 

読んでくれてありがとうございます!

ランキングに参加しています。よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)