台北、西門を散策。 | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
台湾

台北、西門を散策。

西門の街は、若者でごった返していた。

道ゆく人は大声をあげて笑い、自動車の音が周りを包み、クラシックギターを弾くバスカーが奏でる音がスピーカーから大音量で流れ、建物や電子広告から流れる音楽や広告の音がそれらをかき消すように鳴っている。

 

どのビルも、ビビッドカラーをふんだんに使った広告で、ギラ付いている。

他よりも目立ちたくてしょうがない広告たちは、この西門の雑踏に、余計にごちゃごちゃ感を与えていた。

 

1つくらい、目に優しい広告看板があったっていいのに。

そう思ってしまうほど、見事に全てのビルが、ベタベタにビビットカラーで埋め尽くされている。

 

目に映るものの中で、トーンの低いカラーをしたものといえば、さっきまで雨を降らせていたどんより分厚い雲だけだった。

西門は、例えるなら、日本でいう原宿といったところだ。

原宿にもう少しだけ、ごちゃっと感を加え、表参道から流れてくるあの気高い空気を、完全にシャットアウトしたような感じ。

 

 

 

さて、そんな西門町の雑踏の中へ、私は足を踏み入れてみる。

6年前、そして3年前に来た時よりも、なんだか少し、小さく、おとなしくなったような感じがした。

 

それだけ私が大人になったということなのかもしれない。

 

 

西門町を少し歩くと、右手に

「阿宗麺線」

の文字が見えてくる。

  

 

実はこのお店、現地の人たちの間では、超がつくほどの人気店。

ガイドブックには載っていないが、毎日お店の前には超超超行列ができている。

麺線とは、そうめんのようなとっても細い麺料理のことで、ここの麺線は、モツの入った醤油と魚介ベースのスープが特徴。

日本人なら絶対に癖になってしまう味で、なんと私は台湾滞在中毎日食べていた。

小カップ一杯55台湾ドルと値段も手頃。

 

チリソース、ニンニクソース、黒酢が用意してあり、これをお好みで加えて食べる。

イートインスペースはないので、みんながお店の前に立ち、立ち食いしている。

 

昨日の夜、羽田空港でカレーを食べてから、その後何も口にしていなかったこともあるかもしれないが、

初めてこれを食べた時、美味しすぎて、この食べ物が食べられなくなるなら、もう日本に帰れないかもしれないと思った。

 

 

さて、麺線を食べた後は、西門で有名な、煮物やさん?に向かう。

 

煮てある物ならなんでもいいと思っているのか、鳥の足や、豆腐など、なんでもかんでも煮物が並んでいた。

  

  

ゲテモノは苦手なので、二種類の豆腐を買ってみる。

1つは、はんぺんみたいなフワフワの食感の豆腐。

日本の豆腐とはかなり違っていて、スポンジみたいな食感。

もう1つは、台湾人の友達曰く、豆腐界のチキンらしい。

 

一口食べてみたら、その意味がわかった。

湯葉の硬い版みたいな豆腐が、何層にも重なっていて、見た目も食感もチキンみたいだ。

私はその後しばらく西門を散策した後、

私は高校生の時に初めてできた外国人の友人、シェリーに会うために、忠孝敦化駅に向かった。    

 

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

前の記事:台湾上陸!初っ端からハプニング!

次の記事:高校からの友人、シェリーに再会!

 

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、シンガーソングライターや、旅ライターとして活動中。12月からは、ギター1本で世界を旅します!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

-->