シンガポール3日目、ここは一体どこの国、、、? | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
2018/1/22〜2018/1/25 シンガポール

シンガポール3日目、ここは一体どこの国、、、?

朝、ゲストハウス4階の外階段へ出ると、

でっかい金の玉ねぎを2つみつけた。

イスラム教の礼拝堂、モスクの屋根だ。

 

 

「おー!」

なんかアジアじゃなくて中東にいるみたい。

 

ここは、アラブストリート。

シンガポールで最大のモスク「マスジットスルタン」もイスラムの匂い漂うこの地区にある。

 

ディズニーシーでしか、アラブ風の建物を見たことがないあたし。

そいつを見つけてしまったからには、
もう行ってみたくてしょうがない。

 

すぐにホテルを出ると、
2、3分歩いたところにモスクはあった。

 

「わお、中がメリーゴーランドじゃない、、、」

 

 

完全にこれを頭の中に描いてた。。

 

まあまずは、モスクの中に入る前に朝食!

 

モスク周辺には、こーんなかわいいお店とか  

アラブ料理のお店がいーっぱい並んでるけど、

朝はまだどこも開いてないみたい。

 

しゃーなし。

シンガポールのどこでも食べれそうなマレー料理の食堂へ。

           

 

辛くておいしそうな料理がたーくさん。

  

どれにしよっかーなーって眺めてたら、
お店のおじさんが、

「これにしろ、これがおすすめだ。」

ってカレーみたいな食べ物をめっちゃ勧めてくる。

 

脳の栄養が完全に足りないほど、
お腹がすいて頭が働かない。

あんまり考えずに、

「じゃあそれで」

 

って言うと、

 

「サモサとミルクティーは?」

って。

 

なんとなく、

「じゃあそれも」

って言った後にちょっと後悔。

朝ごはんにしてはちょっと重かった。

 

でもおいしかった!

ココナッツ風味の濃厚カレーは、
日本じゃなかなか食べられない味。

 

食べきれなかったサモサはおやつにお持ち帰りすることにし、袋に入れてもらうと、

お祭りで捕った金魚と同じになった。

 

        

 

食堂を出て、向かいにふと目をやると、
日本語の書かれた屋根が見える。

 

「ジャマールかずらアロマ」

 

なんだそれ。。。

 

気になって近づくと、すぐその正体がわかった。

お店の外までアロマ~な匂いが漂っている。

香水屋さんだ!

 

どっちを向いても、

四方の壁にびーっしり並べられた香水瓶。

       

  

ドラゴンに、

 

馬、

    

かわいい形の香水瓶。

香水を入れずとも、もはや置物として欲しい。。。

 

だけど、
バックパックで来てるし、このあとネパールでヒマラヤ登山する予定。。。

日本に帰った頃には粉々のガラスの破片になってるのが
見えるので、購入は断念。

 

にしてもすごい匂い。

香水の匂いが店中に充満してる。

お店の人に聞いたら、
この何十種類もの香水を、調合して、
オリジナルの香水を作ってくれるんだって。

 

 

さて!

 

だいぶ時間も経ったので、そろそろモスクの中へ!

近づいてみると、
やっぱりその迫力を感じる。

特にゴールドの玉ねぎ!

 

靴を脱いで中に入ると、入り口の所に本が並べて置いてあった。

 

実はこれ、全部コーラン!イスラム教の聖書。

 

日本語に韓国語、タイ語、中国、英語、フランス語、、

13か国語分のコーランなの。

ぱらぱらめくってみたけど、あたしにはまだ早かった。。。

   

  

中はすーーーっごい広くて、
裸足で歩く絨毯がすごく気持ちがいい。

蒸し暑いけど、時々吹くぬるい風が髪をさらう。

広いモスクの天井に吸い込まれていくような
お経を唱える声がすごく神秘的で。

窓から差す光が白くて、
色んなものが心地よくて、
ずっとここにいたい気分になった。

 

30分以上ここにいたけど、

礼拝してる人たちはもっと長い時間、お祈りしてるの。

 

立ったままお経を唱えてるんだけど、
1分に1回くらいのタイミングで一度ひざまずいて、お辞儀を2度する。

そしてまた立ち上がって、1分くらいしたらまた同じことをする。

それをずーっと繰り返してた。

 

1日何回かここに足を運んで、長い時間を礼拝に充ててるんだって思うと、
自分の生活では到底考えられない。
その信仰のあつさが少し垣間見れた気がした。

 

モスクの外に出たら、ちょうどTOYOTAが走り去っていき、
日本人の宗教との違いを思わずにはいられなかった。

 

さてさて、アラブ世界を満喫したとこで、
次はリトルインディアへ!

名前の通り、インド文化の地区!

 

    

 

バスに乗って、リトルインディアの近くで降りると、
街の雰囲気はさっきとガラッと変わっていた。     

違うのは、建物だけじゃない。

歩いている人の服装や、顔だちもアラブストリートと全然違う!

 

本当にインドへ来ちゃったみたい。

 

どこの国にいるかを忘れてしまうのが、
シンガポールだって、つくづく思う。

 

そこから少し歩くと、インド寺院の「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」が見えてきた。

スリ・ヴィラマカリアマン寺院。。。。

書いてても噛みそう。

一回で読めた人、いる?きっと母国語ヒンディー語ですよね。

 

見て!

屋根の上の装飾が、すごいいいい。

カラフルな偶像がめーーっちゃたくさん。

装飾がすっごい細かい。いやこれ何体いるんだろう、、、

 

入口でみんなと同じように適当に靴と靴下を脱ぐ。

中に入ると

インドの古典音楽の生演奏中!

 

 

チャルメラのでかい版みたいな大音量の楽器に、
スピーディな太鼓の音!

結構ド派手な音楽が、ド派手な装飾とマッチ!

      

静かで神秘的な感じはあんまりしないけど、
ほんとにたくさん、人が出入りして
次から次へと礼拝者がやってきて。

 

さっきのモスクとは雰囲気も礼拝の仕方も全然違ってるけど、
ここに来る人たちも信仰に熱心なんだなあ。

 

日本で生まれ育ったから、やっぱりちょっと意外。

 

神社に毎日こんなにたくさんの人が参拝しに来るところなんて、
想像つかない。

あたしも年一、初詣くらいでしか行かないもん。

 

リトルインディアを後にすると、昼食へむかった。

あらかじめ調べてた、
バクテーを食べたよん!

 

じゃん!

 

 

これがバクテー。

コショウのきいたスープで煮込んだポークリブ!

おいしかった。

 

 

さて、ここから、
何をするか全く決めてない。

とりあえず周辺の中華街でも回ってみるかと思ってたところ、
ふっと思いついたのが弾丸マレーシア。

 

もう、思いついたら行きたい気持ちで頭がいっぱいに。

「どうしよう、すぐ行けるかな」

 

とりあえず、google mapで行き方を調べる。

 

どうか今から日帰りで行って帰ってこれる距離であってくれ~!

 

表示されたmapの画面を見ると、
マレーシアの南の街ジョホールバルまで
片道約1時間半。

 

現在時刻15時半。

 

余裕やん!行こう!

 

そうと決めたからには、すぐに駅に向かう。

さあ、ここから地下鉄に乗り込んで、

予定にはなかったマレーシアに行っちゃうよん!

 

続きはまた次回。

 

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ


前の記事→シンガポール2日目、ナイトサファリへ

 


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。