カンボジアのビザ(e-visa)ネットでの【申請・取得方法、料金、日数】まとめ | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
旅ハック

カンボジアのビザ(e-visa)ネットでの【申請・取得方法、料金、日数】まとめ

こんにちは!

旅するシンガーソングライターの内田美穂(@bleatand)です。

 

今回は、カンボジアのe-VISAを取得する方法をご紹介します!

 

カンボジアのビザを取得する方法は3種類!

 

ご存知かもしれませんが、カンボジアに入国するためには、VISAの取得が必須です。

 

VISAを取得する方法は全部で3つあります。

 

日本にあるカンボジア大使館または領事館で申請

オンラインで申請

国境(陸路入国の場合)または空港で申請

 

 

それぞれのメリットと、デメリットは以下の通りです。

 

カンボジア大使館または領事館で申請する場合

⦅メリット⦆

  • インターネットやパソコンに慣れていない人でも申請できる

⦅デメリット⦆

  • 日数や手間がかかる

⦅料金⦆

  • 4000円〜5000円程度(大使館、領事館によりまちまち)

 

 

オンラインで申請する(e-visa)

⦅メリット⦆

  • 早ければ申請後10分程度で取得できる
  • 大使館に足を運ぶ手間がかからない
  • すでに日本を出国している方でも申請できる

⦅デメリット⦆

  • パソコンが手元にない人には難しい
  • クレジットカードが必要

⦅料金⦆

  • 36ドル

 

 

国境または空港で取得する

⦅メリット⦆

  • 事前の申請なしで、空港や国境で申請できてしまう。
  • 手軽

⦅デメリット⦆

  • 万一トラブル発生の際には、ビザが取得できず入国できないということもあり得る
  • 陸路入国で国境取得する場合、ぼったくりや賄賂の請求が頻発している

⦅料金⦆

  • 空港の場合 30ドル
  • 陸路国境の場合 30ドル+手数料(賄賂)

 

 

おすすめはe-visaの取得

3つの中で、私がおすすめしたいのは、オンラインで取得するe-visaです。

というのも、e-visaはパソコンさえあれば、わざわざ大使館に出向いたりする手間もなく、申請後10分程度で取得できてしまうからです。照明写真もデータさえあれば、他の2つの申請方法のように、印刷する必要もありません。

 

入国前に先にビザを取得しておくので、空港や国境でカンボジアに着いてからアライバルビザを取得するよりも安心です。現地でビザを取得しようとし、何かトラブルがあった場合、英語が通じず、最悪ビザが取得できず入国できないということもあり得ます。

 

また、バックパッカーなどでアジアを周遊し、陸路で入国するという方には特におすすめです。

 

バックパッカーなどで陸路で入国しようとしている人は、国境でアライバルビザを取得しようと考えている人も多いと思います。ですが、先ほども書いたように、国境でアライバルビザを取得する場合、ほとんどの場合手数料という名の賄賂が要求されるのですが、この賄賂の額を通常以上に高額請求される(ぼったくられる)ことが頻繁に発生しているから。

 

また、ビザをすでに取得していれば、ビザ取得の場所や方法に迷うことなく、入国がスムーズにできます。(国境でのビザ取得は少し場所がわかりづらいです)

 

また、e-visaであれば、入国の前日だとしても最悪間に合いますし(トラブルがあると1日では済まない可能性があるので、本来は余裕を持った方がいいです)、パソコンさえあれば出国後に取得することもできるので、旅の予定が読みづらいバックパッカーの方にもおすすめなのです。

 

空港から入国される方も、陸路で入国される方も、手軽に申請できるe-visaを事前に取得して、安心して入国されることをおすすめします!

 

e-VISAの取得方法

 

e-visa取得に必要なもの

 

e-visaの取得に必要なものは、

パスポートの写真データ(有効期限が入国日から6ヶ月以上残っているもの)

顔写真のデータ(背景無地・顔や髪が切れていないもの・顔がはっきりとわかるもの・白黒不可

クレジットカード(36ドル)

のみです!

あとは、言わずもがなですが、パソコンと、インターネット環境です。

 

e-visa取得の流れ

e-visaを取得するには、こちらの「e.visa」というサイトから申請を行います。(カンボジアの外務国際協力省が運営するサイトです)

 

クリックすると、下記のページに飛びます。

そのままの状態だと英語版になっているので、右上のタブで、言語を「English」から「Japan」に変更します。

 

 

そしてページをそのまま下の方へスクロールすると、下記の画面になるので、「Aplly now」をクリックします。

 

 

下記の画面が表示されたら、画面中央に表示された英数字をそのまま枠に打ち込みましょう。

この画面の場合は「sfYSUA」となります。入力ができたら、「今すぐ申し込む」のボタンを押します。

 

 

次は個人情報の入力画面になるので、必要事項を入力します。

赤い印がついた枠は、必須事項です。

電話番号の枠についてですが、日本の電話番号を入力すれば大丈夫です。日本の国際番号は、81なので、頭に81をつけて入力します。携帯番号でも固定電話の番号でもOKです。

 

 

その後は、その下のパスポート詳細と、旅行の詳細について入力します。

 

「ビザタイプ」の枠は、Touristしか選択できないようになっているので、そのままで大丈夫です。

「エントリー予定日」には、カンボジアへの入国日を入力します。

 

「エントリーのポート」は、自分がカンボジアへ入国する際の空港や、国境を選択します。

「Phnompenh International Airport(プノンペン国際空港)」と「Siem Reap International Airport(シェムリアップ国際空港)」と「Shianoukville(シアヌークビル国際空港)」が空港なので、飛行機で到着する人はこのうちのどれらかを選ぶことになります。

バスなど陸路で入国する人は、「Poi Pet(タイとの国境)」、「bavet(ベトナムとの国境)」、「Tropaeng Kreal(ラオスとの国境)」を選びます。

船で入国する人は、「cham yeam」を選びます。

 

 

最後に、パスポートの写真を撮って、アップロードするのも忘れないようにしてください。

 

 

必要事項を全て入力できたら、「次へ」のボタンを押しましょう。

 

 

 

 

すると下記の画面が開きます。自分の入力した項目が表示されるので、情報が正確かどうか、今一度確認してください

 

例えパスポート番号などに間違えがあったとしても、申請が通ってしまう場合がほとんどです。

もし、間違った情報のままビザが発行され、気付かずにいると、トラブルの原因になります。

 

 

 

情報に間違いがないことが確認できたら、「セーブ」ボタンを押します。

 

もし、複数人分のビザを取る必要がある場合は、「応募者を追加」を押して、先ほどまでと同じ手順で他の申請者の必要事項を入力しましょう。セーブを押して一人ずつ申請しても問題ありませんが、「応募者を追加」を押して複数人同時に申請した方が手間は省けます。

 

 

その後は、クレジットカードで支払いを済ませて、e-visaの申請は完了です!

 

 

私の場合ですが、e-visaの申請とほぼ同時くらいのタイミングで、e-visaを申請したことを示すメールが届きました。

そしてその数分後にビザ支払いのレシートメールが送られてきます。(この時点ではまだビザの申請が通った訳ではありません)

 

そして、申請完了から9分後に、ビザが無事に通ったことを知らせるメールが届きました。このメールには、e-visaのPDFファイルが添付されていますので、大切に保管してください。

 

下記が、このメールに添付されているPDFファイル(e-visa)です。

 

 

visaはカンボジア入国時と出国時の二回提出する必要があるので、このPDFファイルを2枚、A4サイズで印刷して、当日入国の際に持参してください。

 

以上でe-visaの取得は完了です!

お疲れ様でした!

 

まとめ

 

MEMO

 

必要なもの:パスポートの写真データ、顔写真データ、クレジットカード

申請から取得までにかかる時間:約10分

申請料:36ドル

 

 

以上、今回は、カンボジアのe-visaの取得方法をご紹介しました。

皆さんの、旅が素敵なものになることを願っています。

 

【関連】

 

カンボジアにご旅行の際は、ガイドブックをお忘れなく!

ネットには乗っていない情報や、町歩きのヒント、歴史や文化、観光スポットの豆知識、治安情報や安全対策などがまとめられています。

ガイドブックがあるのとないのでは、情報量や旅の楽しさが全く違ってきます。

 

既に出発されている方には、kindle版がオススメです。

 

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、シンガーソングライターや、旅ライターとして活動中。12月からは、ギター1本で世界を旅します!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

-->