ネパールのラッシー屋さん|カトマンズに来たら絶対飲みたいおすすめ2選! | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
世界の食べ物

ネパールのラッシー屋さん|カトマンズに来たら絶対飲みたいおすすめ2選!

旅するシンガーソングライター内田美穂です!

ネパールのカトマンズへ来たら、ぜひ行っておきたい濃厚ラッシーのお店を2つ紹介します。どちらもタメル

中心から徒歩15分程度の「インドラチョーク」地区内にあります。

「ラッシーといえばインド」というイメージが強いかもしれませんが、実はネパールもラッシーがとってもおいしい国なんです。ネパールでは、レストラン、地元の食堂、ファストフード店、どこに行ってもラッシーが飲めるといっても過言ではありません。

そんなラッシーですが、今日紹介するのは地元の人達に大人気のラッシー屋さんです。

レストランや食堂より何倍も濃厚な、一味違ったラッシーを飲むことができます。

 

ミト・ラッシー(मिठो लस्सी

まず一件目は、ココ!!

 

お店の名前は「ミト・ラッシー(मिठो लस्सी)」

「ミト(मिठो)」はネパール語で「おいしい」という意味。なのでお店の名前は「おいしいラッシー」。そのまんまですね(笑)

いつ行っても地元の人たちの人だかりができています。

場所はわかりやすいので、迷うことなくたどり着けると思います。

 

まずはインドラチョークを目指しましょう。インドラチョークは、タメルから徒歩15分です。

インドラチョークまでたどり着くと、上の写真の大きな寺院(アカシュバイラブ)が目に入ります。

この有名なアカシュバイラブの1階部分がそのままお店になっています!

 

注文をすると、イケメンなお兄さんが注いでくれます。

 

テーブルや席はないので、入れてもらったらその場で飲み干します。
なのでお店の周りは、ラッシーを片手におしゃべりしている人達でにぎわっています。

 

値段は
ラージサイズ70ルピー(70円程度)

スモールサイズ40ルピー(40円程度)です。

激安です。

(写真はラージサイズ)

 

これほんとにめちゃくちゃおいしいんです!

 

スモールサイズは2口で飲み干せてしまうくらい小さいのですが、個人的にはスモールがおすすめです。

 

というのも、ここから歩いて1分もしない場所にもう一軒のラッシー人気店があるので、飲み比べしようと思うとラージサイズだと少し大きく感じるからです。

 

ちなみにラージサイズはマグカップ一杯分くらいの量があります。私は何度もこのお店に通いましたが、いつもスモールサイズを注文して、もう一軒のラッシー屋さんをはしごしていました。地元の人も、ほとんどがスモールサイズを注文しています。

 

味は、とーっても濃厚で、すっごく甘いです!濃くて甘いんですが、ヨーグルトの酸味もあって全然しつこくありません。お腹に余裕があったら何倍でも飲めちゃう。。。上に乗っているナッツとダヒ(固形ヨーグルト)との相性も抜群です。

 

 

バクタプル・ダヒ・ラッシー・バンダール(भक्तपुर दही लस्सी भण्डार

続いて2件目!

お店の名前は「バクタプル・ダヒ・ラッシー・バンダール(भक्तपुर दही लस्सी भण्डार)」です。

 

ちなみにバクタプルはカトマンズから東に12キロの所にある古都の名前で、ダヒ(ヨーグルト)がとっても有名なんです。

「バンダール」は日本語で言うところの「〇〇屋」という意味。

 

場所は先ほどのミト・ラッシーから徒歩一分もかからない場所にあります。
が、少し奥まった所にあるので見つけづらいかもしれません。

アカシュバイラブに向かって右手の方に行くと、すぐに人だかりのできている場所が見当たると思います。そこがこのお店です。

人気のお店なので、いつでもたくさんの人が飲みに来ているんです。

わかりづらい場合は、歩いている人に「Where is Lassi shop?」と聞けば、教えてくれます。現地の人ならだいたいみんなこのお店を知っています。

値段は
ラージサイズ70ルピー(40円程度)

スモールサイズ40ルピー(40円程度)

 

やっぱり激安!

 

こちらも写真はラージサイズですが、やっぱりスモールがおすすめです。

プラスチックではなく、ガラスのコップに入れてくれます。

 

味はミト・ラッシーと比べると、フルーツのような香りと爽やかさがあります。とっても濃厚で甘いのですが、後味がすっきりしています。その分、上に乗っているダヒの味が濃いのでとってもバランスがいいです。

 

好みの問題ではありますが、個人的にはこちらのお店のラッシーの方が好きです。

ですが両方おいしいので、インドラチョークに立ち寄った際には毎回2店とも行っていました。

 

最後に

最後に、レストランや食堂で飲めるラッシーの写真を載せておきます。

タメル地区にあるギリンチェというお店のラッシーです。
これもとってもおいしいのですが、見た目にもラッシー専門店のものとは全く違うのがわかると思います。
薄めで、氷も入っていて冷たいので、のどが渇いたときにごくごく飲みたい感じです。

 

レストランのラッシーは味の種類も多様で、プレーンラッシー、マンゴーラッシー、ストロベリーラッシー、チョコレートラッシーなどなどいろんなフレーバーが選べます。
また、お店ごとに作り方も少しずつ違っているため、それぞれのお店の特徴を楽しむことができます。
飲食店に入った際はぜひ注文してみてください。

 

インドラチョークは、地元の人たちが集う市場となっています。
現地の人の生活と、カトマンズの活気、中世の街並みを全てを感じられる場所です。
アカシュバイラブやシヴァ寺院等、見どころ寺院も多くあります。

タメルの中心地からも徒歩15分ほどで行けるので、ぜひ立ち寄ってみて、おいしいラッシーを味わってみてください!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。よかったら

ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ

 


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。