メニューのないレストラン – 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
マレーシア

メニューのないレストラン

サイードも、バダールもいなくなってしまったホステルは、

どこか寂しかった。

 

約2ヶ月、毎日顔を合わせ、話をして、ふざけあって、真面目に語って。

たくさん思い出詰まっているのだから、当たり前だ。

 

ソファに座って、いつもの様にブログを書いていても、そこにバダールやサイードの姿はない。

 

「How are you my sister?」 と聞く鼻にかかったバダールの声も、突然後ろから髪を引っ張り、知らんぷりして通り過ぎ、ニヤニヤ笑うサイードの姿もなかった。

 

もう何ヶ月もいるクアラルンプールで、特別新しく行く場所もなく、お金もないので遠くにも行けず、一人寂しくブログを書いていると、エジプト人のバッセムが私の隣に座った。

 

バッセムは、ぽっちゃり系で、よく笑う。いっつもジョークばっかり言っている。

 

「Hi Miho, did you eat Breakfast?」

 

まだだよ〜

 

一緒に食べる?

目の前にお気に入りのレストランがあるんだ。

 

そう言って、本当に目の前、

ホステルの向かいに立つ建物を指差した。

 

 

うーん。さっきもらったマンゴー食べたばっかだからお腹すいてなーい。また今度ね。

 

と答えると、彼はオッケーと言ってその建物の中に入っていった。

 

 

しばらくして、戻ってきたかれが、今度はこんなことを言う。

「あーお腹いっぱい。チキンと、パン5枚と、フライドポテトと、オムレツと、サラダがついていくらだと思う?」

 

「えー、それだけ聞いたら、20RM(525円)くらいに聞こえるけど」

 

「8RM(210円)だよ」

そう言う彼の顔は、めちゃくちゃ自慢げ。

 

それもそうだ。

だってそんなの安すぎだもん!

私は

「えーーーーー!!!」

 

と声を上げてしまった。

 

「次絶対行くわ!そこだよね?その目の前だよね?お腹すいたら今日行ってみる!!」

 

そうして夕方3時半頃、私は歩いてホテルから歩いて5秒の、そのお店に入ってみた。

お店と言っても、レストランの様な外観ではない。

ドアがあるわけでもないし、壁さえあるわけでもない。

建物の屋根の軒下の外のオープンなスペースに、ガスコンロとテーブルをいくつか置いただけの、とってもシンプルなレストランだ。

 

私は、普通なら、「食堂」そう呼ぶかもしれない。建物の作りだけなら、食堂というよりむしろ、「食事をできる場所」と呼んだ方が正しい。

 

が、私は、ここのシェフ、ここに集まってくる人たちのことが大好きで、のちにこのレストランが世界で一番レストランとなるので、敬意を称してレストランと呼ぶ。

 

 

私はそこに入った瞬間、一瞬、バッセムはここのことを言ったんだろうか?

食事がここでできるんだろうか。

と思った。

 

が、テーブルにはお客らしき人がいて、食事をとっていたので、どうやらここはレストランらしい。

 

と認識した。

 

私は、席に着くと、シェフらしきおじさんに、

「メニューは?」

と聞いてみた。

 

すると、

「メニューはないよ。今はフライドポテトかパンとか、あとはオムレツしかない。さっきまでサラダがあったんだけど、もう品切れだ。あとはチキン。どうする?」

という。

 

私は、いくら?

と聞いてみた。

 

「いくらでもいい。逆にいくらがいいの?チキンなしなら4RM(105円)でいいよ。フライドポテトはいる?オムレツは?」

 

「じゃあ、チキンなしで、フライドポテトとオムレツとパンで!」

 

そう言ったら出てきたメニューがこれだ。

 

私は一口食べてみて、びっくりした。

 

まずオムレツ、、、、、

 

これ、、、

 

オムレツなんかい!!

ってくらいめちゃくちゃうまい。

 

こんな美味しいオムレツ、マジで人生で一度も食べたことがない。

私は本気で、もう一切れ欲しいってお願いしようかどうか迷ったほどだ。

 

何種類かのスパイスやハーブが効いていて、少し辛くて、ひき肉とポテト、トマト、オリーブなどが入っている。

思い出しただけで超美味しい。

 

そしてフライドポテトもパンも、彼が全くのゼロから作ったものだった。

 

ポテトをスライスして揚げ、パンも生地をこねるところから彼が自分でやっている。

 

いやあ美味しいのなんの。

で、しかもこれで105円!!

 

私は食べながら、彼に、何度も美味しいと伝えた。

真面目で堅い印象の彼は、

「サンキュー」

と一言いうだけだ。

笑顔を見えることはなかったけれど、私は彼から、冷たい印象を受けることはなかった。

 

その代わりと言ってはなんだが、一生懸命、このメニューはどうやって作るとか、レシピはどうだとか、いつもはもっとたくさんメニューがあるんだとか、真面目に教えてくれた。

 

私は、お金を払うと、お店を出る前、彼に、

「めちゃくちゃ美味しいから、今日の夜も絶対来る!!」

 

と約束をした。

 

 

彼は、また、真面目な顔で、

「オッケー。」

とだけ言って胸に手を当てた。

 

 

私は夜、約束通り、また同じ店にやってきた。

私を見つけると、彼は、

おー、来たのか。

というような顔をする。

私の方から、「ハロー!元気?また来たよ」と挨拶をする。

 

彼は、「うん、うん」と言った感じで頷いた。

 

あまりフレンドリーと言った感じではないけれど、まあどうぞ、と少しぶっきらぼうに私に席を用意してくれた。

 

旅をしていて出会う人って、ニコニコでフレンドリーで、毎回握手やハグをして、おしゃべりで、そんな人が多いように思う。でも彼はちょっと違っていた。

 

でもやっぱり、そんな彼に、悪い印象を抱くことはなかった。

なんだか、日本の、昔かたぎなおじいちゃんって感じがして、私は嫌に思うどころか、快く思った。

 

毎日お店に通うようになってからわかるのだが、彼は本当に、心の温かい人だ。それでいて真面目で、悪いことをする人が許せないタチなのだ。

 

 

私は案内された席にはつかず、そのまま彼が料理をしている側に立って、彼の料理するところを見ていた。

 

私が彼にひっついて

「ねえこれは何?なんのスパイス?今何入れたの?これはどうやって作るの?味見していい?さっきのオムレツの作り方も教えてよ!」

とあれこれ、質問するのに、彼は真面目な顔をして1つ1つ丁寧に答えてくれた。

 

そうして出てきた料理はこれだ。

うおーー!昼間より豪華になってる!!

 

私はやっぱり一口食べて、めちゃくちゃ驚いた。

 

だって、何を食べても私の超好みな味がするんだもん!

マッシュポテトは、ニンニクやマスタードが少し効いていて、クリーミーで、最高だし、パプリカとナスの冷製サラダは、スパイシーでトマトソースが聞いていて、これも最高だった。

 

 

私がご飯を食べていると、同じホステルに泊まっている、チベット出身の男性がやってきた。彼もここが好きで、いつもここでご飯を食べているらしい。

 

 

 

テーブルの上には、ミントが置いてある。彼はこれを育てて、料理に使っているらしい。

大事に植物を育てるのが、なんだか可愛らしく思えてしまった。

 

 

私は、彼にお金を払うと、「毎日ここに食べに来る!」

と約束した。

「オッケー、ウェルカム。このホステルのメンバーみんなが、僕のレストランに毎日来てるよ。君の友達サイードもそうさ。バッセムもそう。マニもね。じゃあバイバイ、おやすみ!」

 

「お休みなさい、また明日!」

 

6/8

 

次の記事:シャヒードの料理

前の記事:バイバイ、バダール

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、シンガーソングライターや、旅ライターとして活動中。12月からは、ギター1本で世界を旅します!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。