高校の同級生にマレーシアで路上ライブ中に遭遇するミラクル発生!! - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
マレーシア

高校の同級生にマレーシアで路上ライブ中に遭遇するミラクル発生!!

バナナロティは、

私がマレーシアで食べる料理の中でも、最も好きな料理の1つ。

 

バターと砂糖が塗った薄いクレープ生地のような生地に、バナナをた〜っぷり入れて焼いたものだ。

 

ちなみに写真に写ってる、お付きのカレーは、無料のカレーを勝手に取ってよそったもの。

 

今日はちょっと贅沢に、

テ・アイス(ミルクティ)

というコンデンスミルクがたっぷり入った超絶甘い、マレーシア特有のアイスティも注文して。

 

 

ちなみにテ・アイスは直訳でアイスティの意味なのだが、マレーシアでは「アイスティ」とノーマルにいうと、ミルクティが出てくる。

 

もし、ミルク抜きにしたいときは、テ・オ・アイスと言わなければいけないので、慣れるまで少しややこしい。

 

 

話は変わるけど、そういえば今朝、ベルギー人の彼女がこんなことを言っていた。

 

「ブログって日本語で書いてるの?」

「そうだよ」

 

「もしあなたが英語でブログを書くようになったら、私にリンクを送って。

英語でも書くべきだわ。だってたくさんの人たちが、日本の文化について知りたがってるから。

日本はとっても人気な国だからね!」

 

「わかったよ。I will do it!」

 

「will do なんて言っちゃダメよ!I am doing! って言うべきだわ。いつかやるなんて言っていたら、いつになってもやらない。やるなら今やる。今やっているよ!っていう気持ちでなきゃダメ。」

 

私はなるほど。

と思った。

 

彼女は時々、名言を吐くことがある。

 

 

ついこの間言っていたのは、

 

「1つのドアがしまったら、それは新しいドアが開くとき。

閉じだドアのことを考えても仕方ないわ。

新しい扉を開けることを考えるのよ。ポジティブにね!」

 

ということだ。

 

私はそんな彼女の笑顔、立ち居振る舞いがとっても好きだった。

 

昼間から酔っ払って、なんでもないようなことで、ゲラゲラ笑っているのだけどね笑

 

そんなとこも、なんだか可愛い笑

めちゃちゃにお茶目で、天真爛漫で、何より超幸せそうなところが、一緒にいるだけで、いや、見てるだけでもはや幸せになれる。

 

 

 

 

私はこの日、ブログに集中し、一日中パソコンをいじっていた。

 

もしかしたら、このブログを読んでくれいる人の中には、「旅をしているからには、毎日観光しているんだろうな」

と思う人もいるかもしれないが、旅とその他諸々の両立は意外と難しかったりもする。

 

私はもちろん、路上ライブも、観光も、ブログも、人との出会いも、その全部を楽しんでいるのだけどね!

だから何をしていても楽しいし、充実している。

 

 

だけど、バランスを取るのは意外と難しいのだ。

現実は、観光ばかりしてもいられない。

むしろ、観光をする日は、ブログや路上ライブの日に比べたら圧倒的に少ない。

 

 

観光ばかりしていると、他のことをできなくなる。お金も消費する。

かと言ってブログばかりしていると、見たいものを見られなくなるし、経験できることも、出会いも減る。

 

 

私は最近、どこにも行かず、一日中ソファに座ってブログばかり書いているので、そんな様子を見て、友達が

「せっかく旅しているのに、それじゃ時間が勿体無い」

と言ってきたりもするのだけど笑

 

でも、私は私で、両方やりたいからオッケーなのだ。

 

 

 

私はブログに集中する期間も、観光や人との交流に集中する期間も、両方大事にしたい。

 

 

 

 

 

 

夕方になると、私は、また、アロー通りへと向かった。

 

アロー通りに辿り着き、人ごみの中を歩いていると、誰かがトントンと私の肩を叩いた。

 

 

振り返ると、昨日、歌っているときに、ずっと歌を聞いてくれていた呼び込みのお兄さんだった。

 

私は一瞬、

「うちのお店でご飯食べてきなよ、ヤスイヨ、オイシイヨ」

と、また勧誘されるのかと思った。

 

が、そうではなかった。

 

 

「今日もここでやりなよ」

と声をかけてくれたのだ。

 

 

私はお言葉に甘えて、そこでギターケースを自分の前に広げ、ギターと共に歌い出した。

 

しばらくして、私は、呼び込みのお兄さんたちが、数人集まり、空を指差して何やらざわざわしていることに気がついた。

 

見上げると、赤とオレンジの星のような光が3つ。

どうやらこれのことを言っているらしかった。

 

何かの珍しい星なのかな。

わかる人いたら教えて!!

 

 

そうして、私が上を見上げていると、

「Excuse me」

と誰かが私を読んだ。

 

 

ハッとして前を向くと、そこには小学生くらいの女の子が立っていた。

 

 

そして彼女は、

「ねえ、私たちと一緒に夕食食べない?ママがご馳走するって言ってる!」

と言うのだ。

 

 

私は、

え、いいの?ありがとう。

でも。。。もう少し歌ったらお邪魔するね!」

 

と言った。

 

歌い始めたばかりだし、なんだか少し申し訳なく思ったから。

 

 

でも、それから5分ほどすると、

彼女のお母さんらしい人が私の元へやってきて、

「もう、いいから来なさいって!!

ほら、ご馳走するから!みんなで食べるわよ!!」

 

 

と、私を半ば強引に、彼女らの卓へ連れて行ってくれた。

私はこうでもされなかったら、きっとお邪魔していなかっただろう。

 

そのちょっと強引に誘ってくれた優しさをありがたく思った。

 

 

彼女らは、私に、ココナッツジュースや、海老の炒め物、サラダ、チャーハン、肉料理など、色々なものを食べさせてくれた。

 

「あんた、ギターだけでどうやって稼いで生きてるっていうの。

こんなやせ細って、、」

 

と、彼女らは心底心配してくれた。

 

まあ、私、この時すっごいガリガリだったのは認めるけど、でも元々が痩せ型なんだよね。

だからそんなに心配しなくても平気だよ笑

 

 

 

まあでも、実際、ここ数ヶ月、食事は節約のために一日2回にしていたし、そしてこの1ヶ月は、毎日同じメニューのヒンドゥー教のお寺でもらえる無料のご飯と、あのメニューのないレストランの料理ばかり食べていたので、この日のご飯はとんでもないご馳走に思えた。

 

今日は、いつもと違ったご飯が食べられることだけでも、もう幸せすぎたし、何より中華料理だったので、日本人の私の口に合って、幸せだった。

 

あのメニューのないレストランのご飯は心底好きなのだけど、インドのお寺の無料ご飯は、内心無理して食べていたから笑

 

ホステルの仲間も、たまにお寺の料理をもらいに行くのだけど、インド系の人たち以外、特別な理由がなければ2度ともらいに行かないほどだった笑。

 

 

まずいわけじゃないんだけど、きっと、インド人以外には、慣れていない味だから口に合わないのだと思う。

最近私も、ようやくあの味に、少し慣れてきたところで、前ほど味を我慢せずとも食べれるようになってきたところだった。

 

 

 

 

彼女らは、フィリピン人のご一行。

この写真で左の女性だけが、マレーシア在住の現役パイロットのタイ人。

 

古くからの友人らしく、マレーシアで再会していたところなのだと。

 

みんな、超絶冗談が好きで、明るく、時々シモネタも言いながら、わいわい楽しくおしゃべりした。

 

私、フィリピンに3週間だけ留学していたことがあるのだけど、フィリピン人って明るくて、冗談が好きな人たちが多いんだよね。

いっつも友達とワイワイしていて。

 

その国民性が私は大好きだ。

 

 

さて、ご飯をご馳走になった後は、少し場所を変えて路上ライブを再開!

 

今日も、年齢、国籍、性別に関係なく、本当にいろんな人たちが、足を止めてくれた。

 

お店の呼び込みのマレーシア人のお兄さんまで、

 

頑張って!明日もここで歌って!

日本が大好きなんだ!

 

と言ってチップを入れてくれたりした。

 

日本よりよほど貧しい国であるのに。

そう思うと、胸が熱くなった。

 

 

その場でしばらく歌い続けていると、

 

私は、向こうから、日本人女性らしい女の子が歩いてくることに気がついた。

 

そして彼女と私は目が合う。

が、彼女も私も、この時点では、特になんとも思っていない。

 

彼女は目が合ったまま、こちらに向かって進んでくる。

 

 

彼女と目があってから、その後2秒の思考回路で、

 

「あー、きっとこの子は日本人だな。服装や髪型、雰囲気、化粧の仕方が完全に日本人だもん笑!」

 

と思ったのだった。

 

 

中国と韓国と日本の違いって、ヨーロッパとか、東南アジアとか、アラブ系の人から、したらあまりわからないらしい。

 

 

だから、

「僕らには、違いが僕らにはわからないけど君らにはわかるの?」

という質問を本当に頻繁に受ける。

 

これは旅をしていて、聞かれる質問トップ5に入るかもしれない。

 

 

そんなことを、2秒間という一瞬のうちに思っていると、3秒目で私は、衝撃的なことに気がついた。

 

 

「え。。。。。

きょんちゃん。。。!!!!」

 

そう、彼女は、私の高校の同級生だったのだ。

 

私が彼女に気がつくのと同時に、彼女も私の方に気がついた様子。

 

私はギターを弾く手を一瞬で止め、

 

「きょんちゃん!!!!

ええええええ!!!!」

 

と奇声に近い声を上げながら彼女に近寄った。

 

 

‪もう本当にミラクルだ。

高校の同級生に、クアラルンプールで歌ってるところにばったり会うなんて。

‪ほぼ奇跡笑笑‬

 

‪本当びっくり!

 

彼女は、現在、立派な社会人としてお勤めしているらしく、お休みをとってマレーシアをご旅行中なのだそう。

 

私の旅の様子も、SNSで見てくれてるらしい。

 

いやあ、嬉しい。嬉しいけど、びっくり+興奮で、しばらくあたふたしてしまった。

 

 

しばらく話した後、二人は、マレーシアで一番賑やかなフードストリート、ここアロー通りの人混みの中に消えていった。

 

観光楽しんでね!

 

その後も、中国人のご家族に、

「日本人?一人?すごいね!頑張ってね」

と話しかけられたり、

 

なんと、日本から来られた男性ご一行に、

ばらの花でプロポーズをされたり(冗談でね!笑)

いろんなことがありました。

 

いやああほんと!!

 

路上で歌ってるとさ、歌うことだけじゃなくて、こういう出会いとかさ、いろんなハプニングとかさ、感動することだったり、優しさを感じることだったり、世の中の汚い部分を見てしまったり、全部が全部、そして毎日が毎日、ぎゅっと濃く詰まった違った経験で、ほんと楽しい!!!

 

プラスもマイナスも最終的には楽しいと思えるくらい、濃い経験なのさ!

 

たとえ同じ場所で毎日歌っていたとしても、決して同じ日はない。

決して同じ出会い、同じ経験はない。

同じことをしていても、毎日違ったことを学べるし、違ったことを感じるの。

 

毎日最高だ。。!

 

ちなみにこの日は4時間半くらい歌って、194.65RM、日本円で約5065円いただいた。

6/13

 

次の記事;ともこちゃん

前の記事:2ヶ月ぶりにゲットしたギターで、路上ライブ!!

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)