2ヶ月ぶりにゲットしたギターで、路上ライブ!! - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
マレーシア

2ヶ月ぶりにゲットしたギターで、路上ライブ!!

2ヶ月ぶりに、ようやくギターをゲットした私は、

夕食を終えると、化粧をし、髪を整え、ギターを担いで外へと向かった。

 

行く先は、クアラルンプールの中でも、最も大きなフードストリート、アロー通りだ。

 

この時間、アロー通りは、身動きをとるのが難しいほど、人でごった返している。

 

そして、十数メートル置きに、ギターやスピーカーを持ったバスカーたちが、歌を歌ってお金を稼いでいる。

 

バスキングをするには、絶好の場所なのだ。

 

私は、

「ギターが届いたら、ここでそんなバスカーたちに混ざって歌うぞ!」

ということを、数週間前から決めていた。

 

 

アロー通りにたどり着くと、人の波の中を掻き分け掻き分け、どこが歌うのにちょうど良いかを探しながら歩いた。

 

その際にも、

「オネエサン!ニホンジン」「コンニチハ」「ヤスイヨ」「オイシイヨ」

といった片言の日本語で、屋台の呼び込みのマレーシア人のお兄さんたちが、話しかけてくる。

 

 

そんな彼らをスルーしながら、通りの真ん中らへんまで来ると、私は一度立ち止まった。

 

するとお兄さんが、

「ここで歌う?」というように話しかけてくれる。

 

 

私は「いい?ありがとう」

と言って、そこでギター取り出し、ギターケースを自分の前に置くと、

ざわざわとした人混みの中、声を張って歌い始めた。

 

歌い始めて数分で、通りぎわに

「グッドラック!」

と言ってサッとチップを入れてくれ、去っていく人たちが現れた。

 

 

そしてもう数分すると、ビデオを撮ったり、写真を撮ったりして、私の前にしばらく立ち止まってくれたり、じっと歌を聞いてくれる人たちも現れ始めた。

 

 

いつも通り、

「一緒に写真を撮ってもいい?」

と言ってくれる人なども出てくる。

 

「もちろん!!」

と言って、私たちはセルフィーのシャッターを切った。

 

 

これこれこの感じ!!!!

 

 

 

数ヶ月ぶりのバスキングは、本当にワクワクした。

 

しばらく味わっていなかったこの感じをじわじわ噛み締めた。

 

 

 

本当に、国籍関係なく、色々な人たちが、応援してくれる。

 

欧米系の人たちに、マレーシアの人たち、インドネシア人、シンガポール人、中東からの人や、中国人、韓国人、日本人、、、!

 

 

これだけ色々な国の人が、
そして世界中の人たちが、
名前も知らない誰かでしかない私のことを、

頑張って!

と応援してくれることが、本当に嬉しかった。

 

 

旅をしていると、世の中の汚い面もたーくさん目にする機会がある。

だけど路上ライブをすると、やっぱり人の優しさや温かさを思い切り感じるのだった。

 

 

 

でも、中でもこの日は、声をかけてくれる人は、日本人が一番多かったように思う。

 

「日本人なんだ!同じ国から来たんだから、応援したくなっちゃう!」

と言ってくれる人が多かった。

 

 

そして、久しぶりに日本語を喋ったせいか、私の方も

「日本人ってだけでやっぱり安心するなあ」

という気分になった。

 

日本人同士だと、やっぱり、通じ合えるものが、あるような気がするのは私の勝手な思い込みだろうか。

 

 

仲良くなるに国籍は関係ないとは思うんだけど、

それでもなんとなく、なんだかホッとするような、他の国の人たちとは共感できない何かを、日本人だとやっぱり共感できるような気がするんだよね。

 

まあ、単純に、日本語のせいかもしれないけど。

 

そして、道ゆく人たちだけでなく、

 

 

「コンニチワー!オイシイヨ!ヤスイヨ!」

とさっき私に話しかけてきた呼び込みのマレーシア人の人たちまでも、チップを入れてくれたり、

頑張って!

と言ってくれたり、じーっと歌を聞いてくれたり、手拍子をしてくれたり、笑顔を向けてくれたりしていたのが、とても印象的だった。

 

 

彼らは

「グッドグッド!」

ってただ私を褒めるためだけに寄ってきてくれたりするのだ。

 

 

さっきまで、私を観光客としてしか見ていなかった、呼び込みしてる時の彼らその表情と、私が歌っているときに近づいてきてくれたその時の表情は、全く違うものなのだ。

 

 

この日、アロー通りでは、私のバスキングをしているちょっと離れたところで、物乞いの人たちがカップを持って、道行く人たちにお金を乞うていた。

 

私たちバスカーも人通りが多い場所、彼らも人通りが多い場所を選ぶから、必然的にバスカーと物乞いの彼らが比較的近い場所で共存することなる。

 

 

そんな人たちを見ると、時々、

「自分がやってることって一体。。」

と考えてしまうこともある。

 

だがこの日、そんな物乞いの人が私の前を通りすぎる時に、

 

笑顔で
「グッドグッド」
と言いながら👍の、ポーズを私に向かってしてくれたのだ。

 

この日だけでなく、時々そういう人たちが、じっと私の歌を聴いたあとに、和やかな笑顔で拍手をして、去っていく時もあったりする。

 

もちろん全員がそうではないけど、少しだけ、自分のやっていることの肯定できなかった部分を、肯定できた日だった。

 

 

ギターをしまい、私は元来た道を引き返す。

 

すると、さっきまで、「ヤスイヨ、オイシイ」なんて呼び込みしていたお兄さんたちが、

颯爽と歩く私の腕を急に掴んだかと思うと、

「ここでも歌っていいよ!僕の店の前でも!あそこの方がもっと人が通るよ!」
なんて教えてくれたりした。

 

 

なんか呼び込みしてる時って、

 

「お客を呼ぶのに必死なんだなあ」

って顔つきなんだけど、そうやって、歌った後に話しかけてくれる彼らの顔はとっても和やかで、なんだかちょっと嬉しくなるのだった。

 

6/12

 

次の記事:高校の同級生にマレーシアで路上ライブ中に遭遇するミラクル発生!! 

前の記事:今度こそ、2ヶ月ぶりにギターと再会!

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)