ヒマラヤ・アンナプルナBCトレッキング3日目~絶景を行く!いよいよ目的地ABCへ!~ | 旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
2018/01/27〜2018/02/08 ヒマラヤ登山(アンナプルナ)

ヒマラヤ・アンナプルナBCトレッキング3日目~絶景を行く!いよいよ目的地ABCへ!~

アンナプルナトレッキング3日目スタート!

今日はいよいよ目的地、
アンナプルナベースキャンプまで行く!


てなわけで、

3日目になると
さすがに疲れも出てくるかな

って思ってたけど、
疲れどころか筋肉痛もなし!

心配してた高山病の症状もない。

我ながらすごい体力(笑)

-10℃近い気温に耐えるのも、
案外平気だった。

 

そんなあたしの様子を見て、
へばり気味のチョンヒョンは
びっくりしてたけど。

 

朝食はマサラミルクティと
グルンブレッドを注文。

マサラミルクティとは
チャイミルクティのこと。

カトマンズでは
チャイって呼んでるけど、
ここアンナプルナ一体では
マサラって呼ぶみたい。

ネパールのミルクティは
めちゃくちゃ濃くておいしい。
そのおいしさは標高2900mでも健在。

 

グルンブレッドは、
チベット特有のパンで、
小麦粉をこねて
薄く延ばしたものを油で揚げたもの。

味はサイゼのフォッカッチャと
揚げパンの中間みたいな感じ!

濃厚なはちみつと、ジャムをかけて食べる。

 

チべタンブレッドとも呼ばれてるみたいだけど、アンナプルナでは、この一帯に住んでるグルン族のグルンと同じ名前で呼ばれてる。

 

チベット特有のパンとあって、
トレッキング中のロッジでしか見かけない。

カトマンズやポカラでも食べたいのにな。

 

 

さて!

朝食を終えたら
8時半頃の遅めの出発。

今日行く道は雪が深い。

ふかふかの道を歩くのは気持ちがいい。

しばらく歩くと、
林を抜けて、景色がひらけた。

山肌が昨日よりぐっと近くに見える。

岩のごつごつした感じがかっこいい。

 

すぐ下には川が走っている。

林の中でも聞こえていた
水の音の正体だ。

 

基本的に、
トレッキングルートは
山肌を通っていくため、
常に川沿いを歩いていく事になる。

 

ちなみに、
隣の山くらいの大きさの山を
「mountain」って呼ぶと
ネパール人に笑われる(笑)

 

日本人なら普通に山って呼ぶと思うけど、
ネパール人にとっては

 

「こんな小さい山が、山なの?(笑)」

 

って感じらしい。

 

「じゃあなんて呼ぶの?」

って聞いたら

 

「rock」

 

って。

 

ネパール人にしたら、

「岩」なんだ。。。

 

それはそれでびっくりだぞ。

 

でも確かに、
エベレスト地域にある「カラパタール」
っていう山の名前は
ネパール語で

「黒い岩」って意味だったなあ!


なるほど、、、

 

 

ここでチョンヒョンにまた再開!

「MIHO….tsuyoi ne…..」

って日本語かたことで言ってた(笑)

お互い頑張ろうね!ファイティン!

 

 

結構急な下り坂。

滑らないように

「ビスターリ、ビスターリ(ゆっくーり、ゆっくーり)」

小さな川も渡ったり、、、

冒険ぽくてわくわく!

 

 

またしばらく行くと、
ロッジが見えてきた。

出発から約3時間半。

デウラリに到着だ。

ここでは休憩しないでどんどん
先に進むよ!

 

 

デウラリをすぎたとこで、、、

見て見て!!

金の大仏はっけーーん!!!

どこにあるかわかるかな??

ズーム!!

じゃじゃん!

ここだー!

これ、なんと

自然にできたただの普通の岩なの!

誰も触ってないのに
大仏の形になるなんて、すごくない?

すごくご利益ありそう。

 

そうして谷まで降りていくと、

川岸にたどり着いた。

視界はどんどん壮大に。

 

そういえば、

トレッキング中、
何度も積み石を見かけた。

日本でも、積み石って、色んな意味が込められてると思うけど、

チベットの人たちにとっても、

無事や幸福を願う意味があるんだって。

 

ちなみにネパールには、
いろんなところに

ストゥーパ

っていう仏塔がある。

これね!

ブッダが見守ってくれてる

ってことで、
ブッダの目が描かれている。

日本の三重塔とか、五重塔も、
このストゥーパが起源なんだって!

インドから中国、日本に伝わってきたらしい。

 

で、

この高く積み上がっているような

ストゥーパを模して
積み石が始まったらしい。

 

こんな遠いネパールの山と日本で
共通する文化を持ってるのが
ちょっと不思議な感覚。

 

ちなみにsandipは、
ヒンドゥー教徒だから

積み石はやらないって言ってた。

 

そしてもっと歩いていくと、
「モディ・コーラ」に出る。

うわあ。。。。。。

思わず立ち止まってしまった。

 

こんな景色は

今まで見たことない。

 

森林限界を超え、
もう背の高い木は生えられない。

真っ青な空の下、
両脇を岩で囲まれ、
前方には7200mの
グレイシャードームが見える。

 

目で見えるこの景色はもちろん壮観。

 

でもそれだけじゃない。

 

立ち止まって、自分の足音がなくなると、
ここが無音に包まれていることに気づく。

 

聞こえるのは
風と自分の息の音だけ。

 

どんなに静かな夜だとしても、街にいれば
時計の音や、遠くで車が走る音、冷蔵庫の小さな唸りとかが聞こえるもの。

 

でもここでは本当に何も聞こえない。

 

唯一聞こえる息の音も、どこにも反射せずに
空中に吸い込まれていくような感じがするの。

 

人の気配を全く感じられないほどの大自然の中にぽつんと立って、
さーっと吹く風に吹かれてたら

なんでか涙が出てきた。

 

「この景色に感動してくれてありがとう
景色の代わりにお礼を言うよ。hahaha」

相変わらず、ちょっとした冗談が好きなSandip(笑)

 

 

モディ・コーラを抜けて

振り返ってみれば、
後ろにも連なる山々。

 

ここら辺でちょっと休憩。

こーんな絶景の中、
ゆっくり腰かける気持ちよさ。

風がさーっと吹いていく。

 

初日に出会った中国人の団体さんの
ポーター、Binodともここで一緒になったよ。

Binodも加わって3人になったあたしたち。

大声で歌いながら歩く。

 

「レッサンピーリーリー、レッサンピーリーリー」

っていう、ネパール人なら誰でも知ってる
ネパール語の歌を教えてもらった。

ネパール到着初日に出会ったサーランギ弾きの歌うたいのおじさんも、
この歌うたってなあ。

ビスターリ、ビスターリ。

ネパール語も、BinodとSandipにたくさん教えてもらった。

「トレッキング終わるまでに、話せるようになること!」

って目標決められて、とにかくたくさん教えてくれる。

 

「モ、ティミライ、マヤゴルチュ(愛してます!)」

を覚えるためにみんなで声に出して唱えてたら、
すれ違うネパール人に笑われまくった。

 

写真で見るとわかんないけど、この坂が結構きつかったなー

更に歩いていくと、またロッジが見えてきた!

マチャプチャレベースキャンプ、
MBCだー!

やーっと3700mまで来たよ!

富士山の山頂の高さを超えたわけだ。

今まで行った一番高い場所の
自己記録を更新したことに感動!

 

この時すでに昼過ぎ14時、お腹ぺっこぺこ。
でも看板が見えてからMBCまでが長かった(笑)

MBCまでまだここから歩くことに。

後ろに一番高く見えているのが
マチャプチャレ6993m。

マチャプチャレをバックにどんどん歩く。

看板から小一時間歩いたところで
やっとMBCについた!

やったーーーー!

やーっとお昼だ!!!

注文したのはこれ!

 

 

 

 

 

エッ、

マタ、スパゲッティカヨ、、、

でもさ、
この絶景の中で食べるお昼って、

 

最高すぎない??

 

外で食べるごはんって
ただでさえおいしいのに

この絶景パノラマつきランチ!

なんだっておいしく感じるさー。

ちなむとたしか500円くらい。

 

MBCで高度順応のために1泊していく人も多いけど、
あたしたちはそのままABCを目指す。

MBCを後にして、振り返ってみると
さっきよりも更にマチャプチャレが迫って見えた。

度迫力すぎる。

なんてかっこいいんだろう。

自分の足で何日も歩いてこなくちゃ見れない景色。

普通に日本で生きてたんじゃ
見るはずもなかった景色を見ている。

実物は写真の何倍もかっこいいよ!

みんなにも見せたい!

 

そして前を向けば、
アンナプルナがもう目の前に見えている。

もうここから先は目的地までずっと同じような景色だ。

つまりこのすぐ先に、
目指すアンナプルナBCが待っている。

しばらく同じ景色を行くと、

 

 

どーーーん!!

どやあ!

振り返るとこの景色!

マチャプチャレ、イケメンすぎる。

こんな堂々としたたたずまいのもの
他に見たことがないよ!

かっこよすぎる。

記念に一枚!

Binodとも一枚!

 

更にどんどん歩いていくと、

こんな標高4000mを超えた場所にも、
荷物を運ぶ人がいた。

アンナプルナBCに向かう人だ。

ロッジまで荷物を運ぶ人がいるから、
ABCにも泊まれて、

こんな楽しいトレッキングができるわけ。

ありがとう。

 

Sandipとも一枚!

マチャプチャレがかっこよすぎて、
ガイドとして何度もここに来てる彼にあきれられるほど写真を撮った。

あたしにとっては初めての景色だけど、
もうガイドにとってはもう珍しくもなくなっちゃうのか。

 

みんなで一休み。

さすがにMBCを超えた頃から、
酸素が薄い分、息苦しさを感じてくる。

 

中国人のみんな。

みんなさすがにヘトヘトみたい。

 

 

 

日が落ちてきて、

山の向こうに太陽が隠れたその瞬間に、
今までに比べて急に視界が暗くなった。

写真で見ると日の光がよくわかる。

そして肌でその変化を感じるほどぐっと気温が落ちた。

太陽ってすげーー。

そしてそれを遮っっちゃうこの山もすげーー!

 

 

そこからしばらく歩くと、、、、、

つ、ついに見えた、、、、!

 

ついた!

ついたぞーーーー!

アンナプルナBC、4130m!!!!

周りを360度、

7000、8000mクラスの

世界最高峰の山々に囲まれた場所。

どっちを向いても見渡す限り、
壮大な山が見える。

贅沢すぎる!

 

そして何より、
自分の足で、この地まで歩いてきたこと。

それが何よりもうれしい、気持ちいい!!

まだ終わってないけど、
ここまで連れてきてくれてありがとう!!

 

ベースキャンプにたどり着いたとき、
ちょうど夕日に赤く染まるチャプチャレが見えた。

いいタイミングに到着したなあ!

ロッジの温かい灯りが近づいてきたときは、
涙が出そうになった。

今日泊まるロッジ到着!


到着するとすぐ、3日間同じコースを歩いてきた

チョンヒョンが迎えてくれた。

お互い無事にここまで来れてよかった!

ここに来る途中何度も緊急用のヘリが、
ABCに向かって行っては帰って行くのを見てたから
実はチョンヒョンじゃないかって心配してた。

高山病にやられて、ヘリで帰る人も多い。

 

あとロッジに犬がいてめっちゃびっくり!

4100mでも犬って生きられるんだ!

何食べて生きてるんだろう、、、

 

 

そして今日は念願の相部屋!

わーい!わくわく!

初日でちょっと話した
中国人の団体さんたちと同じ部屋だ。

 

荷物を部屋において
ダイニングに行くと、みんなわいわいしていた。

みーんなほとんど今日ここで初めて出会った人達。

でもそんなの関係なしに、
トランプしたり、いろんな話しをしたりする。

 

外の気温は-20℃!

だけどみんなABC到達が嬉しくて、
今まで泊まったどのロッジより、
今日が一番熱気がある。

 

それともう一つ、
ここではネットが使えない。

だからさ、誰一人スマホをいじって
下向いてる人がいないんだよね。

ダイニングテーブルにつけば、
例え嫌でも、
前、横に座っている人と顔をつき合すことになる。

このネットがない環境がみんなの仲を深めてると思う。

画面の向こう側にいる誰かではなく、
今この瞬間の出会いに全員きちんと向きあっているから。

 

現代社会からネットがなくなったら困るけどさ、
でも、こういう人と人の生のコミュニケーションも大事。

って、改めて思うよ!

 

 

でね、話が180度変わるけど、男性陣がさ、

みんなして一人のスマホに寄ってたかって何か覗き込んでて、
何見てるんかと思ったら、インド人歌手のミュージックビデオ。

みんなして覗き込んでる理由が、
そこに出てくる女性の露出が多めでセクシーだからw

日本だと、

「あーうん、セクシーだね」

くらいなMVなんだけど、

 

ネパール人

「うわーお、うへへへへ
これはいいねえ」

って感じでニヤニヤしながら見てるのw

しかも「URL俺にも送って、俺にも送って」って

子供みたいでかわいい(笑)

そういう違いもほんとおもしろい。

 

 

 

そしてお待ちかねの、
4100mでの晩ごはん!

 

 

 

 

おーい
またかよおおおおおお!(笑)

 

まさか、、と思った人、大正解!

そしてごめんなさい、、、、

またスパゲッティ食べちゃった。。(笑)

 

夕食後は中国人のあばちゃんが、
これくれた!

名前そのまんまだけど
「牛肉干」っていう牛肉を干した食べ物。

けっこう固めだけど、
噛んだら普通に牛肉の味。

あと、中国から自分で料理して持ってきたっていうタッパに入った
牛肉を漬けたみたいな食べ物くれた。

それもおいしかった!

 

けど

え、、、?まって?

自分で作ってここまでもってきたの?

トレッキング3日目だけど、、、

中国からってことは、、、

色んな意味でちょっとすごくない、、、、?

冷静にちょっとヤバい気もする。

この頃には、
何日も同じルートを辿ってここまで歩いてきた者同士、

もうみんな立派な仲間!

 

 

今日は一日ここに泊まって朝を待つ。

朝の澄んだ空の中、
明日はもっと絶景が待ってるよ!

 

読んでくれてありがとうございます!よかったら

ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
次の記事→アンナプルナトレッキング4日目

前の記事→アンナプルナトレッキング2日目


この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、シンガーソングライターや、旅ライターとして活動中。12月からは、ギター1本で世界を旅します!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。