チキン泥棒 - 旅するシンガーソングライター|内田美穂旅するシンガーソングライター|内田美穂
旅するシンガーソングライター

ヘッダー
マレーシア

チキン泥棒

そんなわけで、

タイからマレーシアに戻ってきた私。

 

 

この日私は、クアラルンプールの中心地、ブキッビンタンにあるKFCで、チキンを食べていた。

 

KFCでは、wi-fiが使えるので、

スマホを存分にいじり、SNSを楽しみながら、チキンを片手に、優雅な時間を過ごしていたわけだ。

 

 

 

この時までは。

 

 

この時の私は、まさかあんな事が起きるなんて、知る由もない。

 

 

 

 

 

それは、なんの前触れもなく突然やってくる。

 

 

 

 

私が、右手にスマホを持ち、ツイッターを見ていた時のことだ。

 

突然、右後ろから、色黒でシワシワの汚れだらけ、骨と皮だけのような手がサッと伸びてきた。

その手は、金をくれ、というように合図をしている。

 

 

マレーシアでは、レストランで食事をしている客を目当てにやってくる、物乞いが、大勢いる。

いちいちお金を上げていたらきりがない。

 

それに、私も、今は貧乏人だ。

悪いけど、彼女にお金をあげられるほどの余裕はない。

 

 

だから、最初は無視していた私。

 

けれど、その手は、そのシカトにメゲることなどなく、しつこく金をくれと合図をしていた。

 

 

こいつはシカトじゃあ折れないパターンだ。

そう思った私は、

「ノー!」

と強めに言った。

 

 

するとその瞬間、そのシワシワの手は、さっと手のひらを翻したかと思うと、

私のチキンをパッと掴んで持ち上げたのだ!

 

 

私は、思わず

「え、ノー!ノー!」

と声を上げ、

その手を掴もうと咄嗟に手を伸ばす。

 

 

が、あと一歩のところで届かない。

 

 

そのシワシワの手から目を離し、パッと顔を上げて、その手の正体、つまりそいつの顔の方へ目を向けると、そこにはしわがれた、女が立っていた。

 

 

痩せ細り、髪はボサボサ、

なんとそいつはそれだけでなく、

 

 

歯を向いてこちらに威嚇するような表情を見せていた。。。

 

 

 

「や、やまんば!!!」

 

 

そう思った瞬間、今度はそいつは歯をむき出しにし、鬼のような形相をわざわざこちらに向けながら、チキンに食らいついた。

 

 

 

「うわっ。。」

 

 

 

私は思わずドンびいた。

 

 

 

『食らいつく』

 

この表現がこれほどに似合う人間が、他にこの世にいるのだろうか。

 

 

 

あの顔は、普通の人間のする表情ではない。

 

 

その顔を見た瞬間、もう、私は、チキンのことなどどうでも良くなっていた。

私は、ただひたすらに怖くなった。

 

 

 

彼女は、私を睨みつけ、歯を向け、肩を上げながら、まざまざと私の目の前でチキンを食べ続けている。

 

私は、その表情を見て、愕然としながらも、そいつを十分に警戒したまま目を逸らさないようにし、それから他のものを盗られたりしないよう、カバンしっかり抱え、カメラとスマートホンを握りしめた。

 

 

 

そいつは、私の前でチキンを食べ終わると、

 

「ハン!!」

 

と言って、鼻息を大げさにつき、顔でざまあみろ!

というように合図して、私の元から立ち去っていった。

 

 

 

もう一度言うが、

あれは、普通の人間のする表情ではない。

 

 

 

私は、あまりに一瞬のことで、何が起こったのかわからず、呆然としていた。

 

 

向かい側の席に座っていた男性は、じっと一部始終を見ていた様子だったが、私と目があった瞬間に、パッと目をそらした。

 

私は、最初からひとりだったが、チキンを失い、彼らに目を逸らされ、なぜかたった一人になってしまったような心細い気がした。

 

 

 

その間にも、そいつは違う席の人たちの元へ向かい、更なるお金や食べ物を求めて、KFC内を歩き回っている。

 

 

 

超絶お金がないのに、食料を奪われたことが悔しかった。

 

 

が、しばらく経つと、私はもう

「これはこれで超面白いネタじゃん!チキンを手づかみで泥棒されるなんてなかなかなくない?」

 

と前向きに考え始めていた。

 

 

 

そこで、ツイッターに、この怪奇なハプニングのことを投稿した私。

 

 

すると、投稿から数分で、「ブブ」というバイブレーションとともに、いろんな反応が来る。

 

それをチェックしていると、こんなリプライが目に止まった。

 

 

 

「その手があったか!!」

 

 

そう思った瞬間、私は速攻席を立って、レジに向かった。

 

そして、

「今さっき、私がチキンを食べていたら、知らないおばさんが、それを手で鷲掴みにして持って行っちゃったんです!」

 

と訴えた。

 

 

すると、スタッフたちは、気の毒そうに、そして少し可笑しそうに、

「わかったわ。もう1つ新しいのあげる」

と言って、

新しいチキンをくれたのだ!

 

 

いやあ、物事は、諦める前に、なんでも試してみる価値がある。

そもそも、スタッフに言ってみるなんて、思いつきもしなかったのだけれど。

 

 

そうしてゲットしたチキンがこれだ!

 

 

私はこの日、最初に食べていたチキンの半分と、新しいチキンの合計1個半を手にすることができたのだった。

 

ウーハの店長、、、、ありがとう!

 

 

なんなら、あのヤマンバにチキンを盗られなければ、これはなかったわけだ。

 

一応さ、

ヤマンバも、、、、ありがとう笑

 

 

 

いつも思うけれど、不運な出来事が、、幸運のきっかけになることが多いと思うのは気のせいだろうか。

 

だから私は、嫌なことが起きた時も、心底ポジティブでいられるのかもしれない。

 

次の記事:地獄のホステル。ヤバイ男と二人きりで相部屋になった話。

前の記事:悲劇の始まり

 

読んでくれてありがとうございます!

ランキングに参加しています。よかったら
ポチッと↓ヽ(*^ω^*)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

SNSなどでのシェアもよければぜひ!!

下記シェアボタンから!

👇👇👇👇👇

この記事を書いた人

旅するシンガーソングライター

1994年生まれ/埼玉県出身。 高校生の頃から、ラジオやライブハウスに出演し、シンガーソングライターとして活動。 ​早稲田大学を卒業後、一年のギャップイヤーを経て、2018年4月に広告会社に入社するも、世界一周を決行するべく退職。 現在は、ギター弾き語りで旅費を稼ぎながら、世界一周中!エベレスト等ヒマラヤを二度登山したりと「やらない後悔よりやった後悔」がモットーの旅人。 もっと見る

  uchidamiho2929@gmail.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

旅するシンガーソングライターの

厳選記事をお届けします

人気の記事ベスト3

-->

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)